6月 28, 2022

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

2021年に輸出が過去最高を記録する中、世界は日本のジンを味わうようになっています

日本製のジン、特にクラフトジンは、その独特の風味で近年海外で人気を博しており、2021年には蒸留ワインの輸出が過去最高を記録しました。

大阪によると、日本は2021年1月から10月の間に約25.7億円(2200万ドル)に相当する3,714キロリットルのジンを輸出した。 2021年の最初の10か月で、輸出額は2019年全体で22億8000万円の記録を超え、以前のすべてのレベルから増加しました。

写真提供は、Santori Spirits Limited(京都)製の「RokuGin」のボトルです。

税関によると、世界的なジン需要の伸びを背景に、2016年以降の輸出は大幅に増加しており、2011年の輸出額は100万円。

価値の面では、ヨーロッパと北アメリカは、2021年1月から10月の間に日本のジン輸出の60パーセント以上を占めました。 米国は19.3%を輸入し、13.3%と11.0%はそれぞれオランダとフランスに出荷されました。

ジンは、ライ麦や大麦などの材料から作られた蒸留酒で、他のハーブ成分と一緒にジュニパーベリーで味付けされています。

日本のメーカーの中で、Santori Spirits Ltd.は、2017年から桜桜やゆうす柑橘類の皮などの植物を使用して作られたジン「Rogu」を輸出しています。

サントリーホールディングスは、「日本のジンは味が良く、海外でも高く評価されている」と語った。 の関係者は、海外への商品の出荷が増加していると述べた。

欧米の多くの人がジンを飲み続けているので、サントリは海外の販売チャネルに焦点を合わせ続けるだろうと当局者は付け加えた。

READ  石油がインフレ神経を刺激していたため、株価は失速した