9月 19, 2021

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

2020年東京オリンピックの野球の得点:米国が韓国を破ってメキシコを上回る

ゲッティイメージズ

野球は13年ぶりにオリンピックに復帰し、東京で競技が行われています。 今年のオリンピック野球大会について知っておくべきことはこれだけです特にここでは、チームUSAについて知る必要があります。 これが土曜日の東京の結果のレビューです。

日本7、メキシコ4

((ボックススコア)。

日本のDHとリードオフ打者の山田哲堂(元NPBセントラルリーグMVP)は4回に3ラン本塁打を含む2勝を挙げ、4試合でホストと金メダルを獲得した。 キャッチャー甲斐拓也は日本で3勝した。 森下正人は日本に向けてスタートし、5イニングで2ランを許したが、3アウトを打ったが何も起こらなかった。 一方、元MLBerのエイドリアンゴンザレスは、メキシコのプレートへの4回の旅行で妨げられませんでした。

この勝利により、日本はオリンピックで2-0になり、グループAの勝者として準々決勝に進みます。 メキシコに関しては、彼らは現在0-2であり、グループAのランキングを下回っています。 彼らは日曜日にイスラエルに直面します。

アメリカ4、韓国2

アメリカの開幕戦ニック・マルティネスは、5イニングで2ランを許しながら、9ランを記録し、4人の救援者が、最後の4フレームで1ランを取り、勝利を封じました。 米国は1-0で引き分けたが、4回にレッドソックスのチャンスがトリスタンカサス韓国の開幕戦コヤンビョを2点差で退けた。

Nick Allenは5番目の家を所有し、保険を追加しました。 元ビッグリーグのクローズアップであるデビッド・ロバートソンは、ウォーク、ダブル、バッグの飛行を許可されたにもかかわらず、9位でセーブしました。 アメリカはジャック・ロペスの素晴らしい試合に勝ち、3階でトッド・フレイザーを擁護しました。

この勝利により、米国は東京オリンピックで2-0になり、日曜日の1日の休憩の後、ダブルエリミネーションの2回目の試合でグループAの勝者である日本と対戦します。 ステージ。 韓国は日曜日にドミニカ共和国に直面します。

READ  「硬化ロボット」の役割は、日本の流行の中で重要性を増しています。