10月 7, 2022

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

2月 5&6、2022

ウィーンリンとしての慈善思想g | ファシグ・ティプトンの写真

沿って

この継続シリーズでは、日本中央競馬会サーキットのトラックに来週末にエントリーする米国育ちのランナーや妊娠中のランナーを、セールスリングの血統やパフォーマンスに焦点を当てて見ていきます。 東京と中京競馬場で今週末に走る興味のある馬は次のとおりです。2番目の馬は2022年の古典的な作物のために生産性の高いG3きさらぎ賞を主催します。

2022年2月5日土曜日
3位-CKO、¥9,900,000 ($ 86k)、乙女、3年間、1900m
慈善的思考(c、3、 ナイキスト–リラクシンググリーン、フォーマルゴールド) 10月に1800メートルを超える2つの場所で、マージンの広い乙女の勝者とGIブリーダーズカップジュベナイルの参加者であるジャスパーグレート(アロゲート)に次ぐ5位でフィニッシュしました(ビデオ SC 7)。 2019年11月のファシグティプトンでのウィーニングとしての33万5000ドルの購入、4月。 19頭の子馬は、GISWマーリーの自由の異父母です(避難)およびSWノーブルシャーロット(含む)およびGISWの女性家族からの雹 ノーブルバード (バードストーン)。 B-ジャックスウェインIII(KY)

2022年2月6日日曜日
3位-TOK、11,400,000 ($ 99k)、新参者、3年間、1600m
LOGIマスタング(JPN)(f、3、 つや消し–luvthatmustang、Candt Ride {Arg) MGSW&GISP Proposed(Benchmark)の娘によって制作され、2018年11月にキーンランドで175,000ドルで子宮内で買収されました。GSWプロスペクトパークの拡張されたWygodファミリーから(タピット)同じ種雄牛のラインから、ロジムスタングは2020年にJRHAセレクトセールで1歳馬として提供され、140,315ドルで槌で打たれました。 B-アラキファーム

11日-CKO、G3きさらぎ賞-G3、76.6m ($ 664k)、3年間、2000mT
AIR ANEMOI(c、3、Point of Entry – Nokaze、by Empire Maker) 広い引き分けを克服し、阪神12月にこの距離を行く3つの長さで彼の卒業証書を獲得するための道のこれまでのステップをリードしました。 19(ビデオ、SC 9)。 5月7日の子馬は、彼のダムの最新の有望なランナーであり、日本のグループ2の優勝者であるAir Almas(Majestic Warrior)、Air Fanditha(Hat Trick {Jpn})、日本での4つのレースの優勝者、AirAmemoiのフルの責任者でもあります。 -兄弟のAirSage、たった5回のスタートで3回優勝。 野風はゆずるの異父母(メダグリアドーロ)、11月のGIIゴールデンロッドSの最新の2番目であるYuugiri(Shackleford)の賭け金を獲得したダムで、今後数週間でオークローンの段階的な会社で3歳のデビューを果たすことができました。 B-セキエ&吉原恒文(KY)

加入者ではありませんか? ここをクリックして、毎日のPDFまたはアラートにサインアップしてください。

この話はに投稿されました 共有ニュース とタグ付け エアアネモイ慈善思想中京競馬日本ロジマスタング注目すべき米国-日本でのブレッドとサイアード東京

READ  インタビュー: 産業大臣は N プラントの再開を主張