2月 3, 2023

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

150年続く日本の鉄道の未来とは? – ヨーロピアン スティング – 欧州の政治、経済、外交、ビジネス、テクノロジーに関する重要なニュースと洞察

(クレジット: Unsplash)

この記事は、 ヨーロッパのスティング世界経済フォーラム.

著者: 世界経済フォーラム、デジタル編集者、クティ ナオコ


  • 日本の鉄道は 150 周年を迎えます。
  • 日本の鉄道は、日本で最も環境に優しい輸送手段の 1 つです。
  • 日本の高度な鉄道技術とノウハウが、世界の持続可能な鉄道システムの発展を牽引しています。

2022 年を示す JR150周年は、1872 年に新橋と横浜間で就航しました。 明治維新後の日本は、近代国家への転換を図るため、交通網の整備が急務でした。 より多くの人や物をより速く、より遠くに運ぶことができる鉄道の開発は、非常に重要でした。 当時の日本には鉄道技術がなかったため、エドモンド・モレルをはじめとする英国人技術者が日本の鉄道建設を主導しました。 彼らの貢献により、明治維新の 5 年後に日本で国有鉄道が創設されました。 それ以来、鉄道は多くの点で日本人の生活に影響を与え、変えてきました。

鉄道は環境にやさしい交通手段

さまざまな交通インフラの中でも、効率的な輸送を実現する鉄道網は、日本の経済発展を強力に支えてきました。 また、鉄道は運動エネルギー効率が高いため、自動車に比べて環境負荷がはるかに低くなります。

2019 年の日本の CO2 排出量は 11 億 800 万トンでした。 その中でも国土交通省 貢献した 2 億 600 万トンの CO2 排出量で、全国の全排出量の 18.6% に相当します。 運輸部門別の排出量を内訳すると、86.1% がすべての車両から、5.1% が航空から、5.0% が内航船から、3.8% が鉄道からです。

2019年、人を1km移動する際のCO2排出量を見ると、乗用車(130g)が最も多く、次いで飛行機(98g)、バス(57g)、鉄道(17g)の順となっています。 これは、鉄道が環境にやさしい輸送手段であることを示しています。

による排出削減 モデルチェンジ

交通量の増加に伴い、CO2 排出量と交通量は経済動向と状況に左右されます。 そのため、予測が困難な交通量の増減に関わらず、確実に排出量を削減するためには、効率的な輸送を改善することが重要です。

環境への配慮が求められるようになった1990年代以降、地球環境の未来を見据え、物流に対する新しい考え方が注目されています。 これらのうちの1つ モデルチェンジ 輸送 – 車やトラックなどの環境的に持続可能性の低い輸送手段から、鉄道や水路などのより持続可能な輸送手段への移行。 JR貨物によると、貨物列車1編成(26両)は10トントラック65台分に相当し、一度に大量の荷物を運ぶことができる鉄道の輸送能力は非常に高い。

有名な例は、トヨタのロングパスエクスプレスです。 名古屋~盛岡間の約900キロを走る貨物列車はトヨタ自動車が所有し、愛知県の工場で生産された自動車部品を岩手県の工場に運ぶ。 同社は、トラック輸送から鉄道輸送への切り替えにより、一度に 40 台の 10 トン トラックを輸送できるようになると主張しています。

鉄道各社はネットゼロを監視

道路輸送から鉄道輸送への移行は排出量の削減に役立ちますが、鉄道による炭素排出量ゼロを達成するための鍵は、鉄道会社の取り組みにあります。 これは、鉄道の環境への影響が少ないにもかかわらず、排出量の 90% が電気によるものであり、その多くが火力発電に依存しているためです。

東急電鉄はすべての列車を 100% 再生可能にします

2019年、東急電鉄が日本の鉄道事業として初めて合併 RE100は、事業の 100% を再生可能エネルギーで運営することを約束している数百の企業を集めた、世界的なグリーン エネルギー イニシアチブです。 同年、東急電鉄は東京東部を走る世田谷路面電車を100%再生可能エネルギーに切り替えた。 また、2022 年 4 月には、 日本で初めて首都圏の全路線(7路線)と駅を100%再生可能エネルギーに転換。、太陽光、風力、地熱、水力を含みます。 東急の野心的な動きは、56,000 世帯の平均年間排出量に相当する CO2 排出量を削減すると予想されます。

JR東日本の水素電車

日本最大の鉄道会社であるJR東日本も先駆的な取り組みを進めています。 そんな取り組みの一つ ハイバリ 2050年までにほぼゼロエミッションを達成するために、日本初の水素ハイブリッド列車が開発されています。 JR東日本がトヨタ自動車株式会社、株式会社日立製作所と共同で開発し、それぞれの鉄道技術と自動車技術を組み合わせて開発した列車の主な動力源は、水素をエネルギー源とする燃料電池とバッテリーからの電気です。 JR東日本によると、この列車の最高速度は時速100kmで、高圧水素の1回の充電で最大140km走行できる。 すでに走行試験を実施しており、2030年までの製品化を目指している。

鉄道の脱炭素化

将来の持続可能な輸送システムのバックボーンになる可能性のある輸送モードの 1 つとして、鉄道は、道路輸送からの持続可能な移行に不可欠です。 このパラダイムシフトのメリットを最大化するには、鉄道の脱炭素化が不可欠であり、鉄道会社が重要な役割を果たすことになります。

150年以上の歴史で培われた日本の高度な鉄道技術とノウハウは、今や世界の持続可能な鉄道システムの発展を牽引することができます。 日常生活で選択する交通手段の基準の 1 つに CO2 排出量を含めることで、私たち一人一人がこの発展を促進できることを忘れてはなりません。

READ  オリンピックのロックアウトの最中に日本でウガンダの重量挙げが行方不明