9月 26, 2022

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

A woman feeds a child as they and other refugees from Ukraine rest at a temporary shelter in the main train station of Krakow, Poland on March 6.

150万人以上がウクライナから近隣諸国に渡った

ロシアの公式報道機関であるTASSは、ウクライナ南東部の都市マリウポリとヴォルノヴァーハに人道的回廊が本日再開されると報じました。

ロシアの停戦違反を理由に、ウクライナ当局が土曜日に民間人の避難を停止した後、道路についてのいくつかの疑念が高まった。

「午前中、マリウポリとヴォルノヴァーハの両方で人道的回廊が再び開かれる」とドネツク人民共和国のいわゆる人民民兵の副長官であるエドゥアルド・バスリンは記者団に語った。

マリウポリ市長は、合意された避難経路を遮断することで都市を「絞め殺そう」としたとしてロシアを非難したため、被害を受けたウクライナの港湾都市マリウポリの民間人は電気と水なしで閉じ込められ、死者を取り戻すことができないと述べた。

ロシアは土曜日に停戦に合意し、民間人がマリウポリとボルノバを安全に離れることができるようにしました。そこでは住民は激しい無差別爆撃の日々に耐えてきました。

しかし、ウクライナ当局はロシアが攻撃を再開することで協定に違反したと非難し、地上の人々がますます悲惨な状況であると述べたものに何千人もの民間人を閉じ込めたままにして、避難は一時停止されました。

ドネツク地域の知事、パブロ・キリレンコは日曜日に彼の公式ツイッターアカウントで、マリウポリ市で民間人のための人道的回廊を開く別の試みが現地時間の正午(午前5時)に始まると述べた。

キリレンコ氏によると、停戦は日曜日の現地時間の午前10時から午後9時まで有効になるという。

READ  ウクライナ: エール大学の研究者は、ロシア支配地域で少なくとも 21 の「候補」サイトが特定されたと述べています。