7月 20, 2024

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

145万年前、人類の進化上の親戚同士が殺し合った

145万年前、人類の進化上の親戚同士が殺し合った

この記事は Science X に従ってレビューされています。 編集プロセス
ポリシー
編集者 コンテンツの信頼性を確保しながら、次の属性を強調します。

ファクトチェック

査読済み出版物

信頼できる情報源

校正

人類の脛骨と切断痕を示す拡大領域の図。 スケール = 4 cm。 クレジット: ジェニファー・クラーク。

スミソニアン博物館国立自然史博物館の研究者らは、これに関する最も古い決定的な証拠を特定した。 進化的には人類に近い親戚 屠殺して食べる可能性が最も高い。

6月26日に発表された新しい研究では、 科学レポート国立自然史博物館の古人類学者ブリアナ・ポビナーらは、ケニア北部で発見されたホモ・サピエンスの親戚から採取された145万年前の左脛骨に9つの切り傷があったと報告した。 化石の表面の3Dモデルの分析により、切断痕はそれが引き起こした損傷の死んだ輪であることが明らかになった 石の道具。 これは、高度な信頼性とプライバシーを伴うこの動作の既知の最も古い例です。

「我々が得ている情報によれば、ヒト族は少なくとも145万年前には他のヒト族を食べていた可能性が高い」とブブナー教授は語った。 「人間の進化の系統樹には、栄養を得るために種が互いに食べ合っている例は他にもたくさんありますが、この化石は、私たちが知っているよりずっと昔から、私たちの種の近縁種が生き残るために互いに食べ合っていたことを示しています。」

ブビナー氏は、古代人類の親戚を狩って食べていた可能性のある先史時代の捕食者に関する手がかりを探していたときに、ケニアのナイロビ国立博物館の国立博物館コレクションで化石化した脛骨、またはすねの骨に初めて遭遇した。 ビューブナーさんは手持ちの虫眼鏡を使って脛骨に絶滅した獣の噛み跡を探したが、その代わりに彼女はすぐに虐殺の証拠のように見えるものに気づいた。

898 個の既知の骨表面修飾との比較に基づいて、9 個のマークが切断マーク (マーク番号 1 ~ 4 および 7 ~ 11) として特定され、2 個のマークが象牙質マーク (マーク番号 5 および 6) として特定されました。 スケール = 1 cm。 クレジット: ジェニファー・クラーク。

この化石の表面で彼女が見ていたものが本当に切断痕であるかどうかを調べるために、ビューブナー氏は、歯科医が歯の印象を作るために使用するのと同じ材料で作られた切断面の鋳型を、共著者であるコロラド州立大学のマイケル・バンティに送った。 彼女はバンティに送られてきたものについての詳細を一切提供せず、単に金型の刻印を分析して、何がその金型を作ったのかを教えてほしいとだけ頼んだ。 Pante 氏は、鋳型の 3D スキャンを生成し、その痕跡の形状を、制御された実験によって生成された 898 個の歯跡、肉屋跡、および踏みつけ跡のデータベースと比較しました。

分析により、11 の兆候のうち 9 つが石器によって引き起こされた損傷の種類と明確に一致することが判明しました。 残りの 2 つの痕跡は大型のネコ科動物による咬傷跡である可能性が高く、ライオンが最も近い痕跡です。 ブエブナー氏によると、この噛み跡は、脛骨の所有者が生きていた当時、その地を徘徊していた3種の異なる剣歯猫のうちの1種によるものだった可能性があるという。

切り傷だけでは、これを打った人間の親類が脚から食事をとったという証拠にはならないが、ブベナー氏はそれが最も可能性の高いシナリオだと述べた。 彼女は、切断痕はふくらはぎの筋肉が骨に付着する位置にあり、肉片を取り除くことが目的であれば切断するのに適した場所であると説明した。 すべてのカットマークも同じ方向を向いているため、石器を扱う手はグリップを変えたり迎え角を調整したりすることなく、すべてのカットマークを連続して作成できます。

「これらの切断痕は、消費のために加工されていた動物の化石で私が見たものと非常によく似ています」とビューブナー氏は言う。 「この脚の肉は儀式的な摂取としてではなく、栄養補給のために食べられた可能性が高いようです。」

マーク 7 と 8 の 3D モデルがカットオフ マークとして特定されました。 クレジット: マイケル・バンティ。

この事件は、普通の観察者にとっては共食いのように見えるかもしれないが、共食いには共食い者と食べる者が同じ種であることが必要であるため、この決定を下すのに十分な証拠はないとブベナー氏は述べた。

脛骨の化石は当初、 アウストラロピテクス・ボイシ その後1990年に 直立した男しかし今日、専門家は、サンプルを特定の種類のヒト族に割り当てるのに十分な情報がないことに同意しています。 石器の使用によっても、切断を行っていた可能性のある種が絞り込まれるわけではありません。 国立自然史博物館のピーター・バック人類起源博物館の館長であるリック・ポッツによる最近の研究は、生物種は 1 種類だけであるという一般的な仮定にさらに疑問を投げかけています。 不採用にする作られ使われた石器。

したがって、この化石は先史時代の共食いの痕跡である可能性があるが、ある種が進化上の同種に忍び寄った例である可能性もある。

石器の切断痕はいずれも 2 つの咬傷痕と重なっておらず、出来事が起こった順序について何も推測することは困難です。 たとえば、人類がすねの骨から肉の大部分を取り除いた後、大きなネコ科動物がその残骸をかじった可能性があります。 また、不運なヒト族が大型ネコ科動物に殺され、その後、日和見的なヒト族が殺害を引き継ぐ前に、追いかけられるか追い払われた可能性もあります。

研究チームが研究した脛骨筋の化石と同じ地域および同じ期間で採取された3つの動物化石標本の拡大画像。 これらの化石には、研究対象となった人類の脛骨と同様の切断痕が見られます。 画像は、(a) アンテロープの下顎、(b) アンテロープの橈骨 (前下肢の骨)、および (c) 大型哺乳類の肩甲骨 (肩甲骨) を示しています。 クレジット: ブリアナ・ビューブナー。

別の化石(1976年に南アフリカで最初に発見された頭蓋骨)は、人類の親類が互いに虐殺された最古の既知の事件に関する以前の議論を引き起こした。 この頭蓋骨の年齢は 150 万年から 260 万年と推定されています。

年代が不確かであることは別として、この化石を調べた 2 つの研究 ( まず最初に 2000年に出版され、 最後 2018年に)彼らは、頭蓋骨の右頬骨の下にある模様の起源について意見が一致していない。 1つは、その痕跡は人類の親族が使用した石器によって生じたと主張し、もう1つは、頭蓋骨の上で発見された鋭い刃の石のブロックとの接触によって形成されたと主張する。 さらに、たとえ古代のヒト族がこの模様を生み出したとしても、頭蓋骨には大きな筋肉群が存在しないことを考えると、彼らが食物のためにお互いを屠殺したかどうかは明らかではない。

彼女と彼女の同僚が研究した脛骨の化石が実際に切断された最古の人類の化石であるかどうかの問題を解決するために、同じものを使って切断された痕跡があると主張していた南アフリカの頭蓋骨を再調査したいとブベナー氏は述べた。現在の研究で観察された技術。

彼女はまた、この衝撃的な新発見は博物館のコレクションの価値の証拠であると述べた。

「博物館のコレクションに戻って化石をもう一度見てみると、驚くべき発見ができるかもしれません」とビューブナー氏は言う。 「誰もがすべてを初めて見るわけではありません。世界についての知識を拡大し続けるには、科学者のコミュニティがさまざまな質問や手法を考え出す必要があります。」

詳しくは:
ケニア、神戸フォーラ産の初期更新世の切り取られた人類の化石。 科学レポート (2023年)。 DOI: 10.1038/s41598-023-35702-7

雑誌情報:
科学レポート


READ  SpaceX、リサイクル ロケットで最も重いペイロードを 9 回打ち上げる