5月 17, 2022

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

11年:東北の味わいを醸し出すナチュラルワイン

社会的ライフスタイル


宮城県仙台市、3月12日(ジジプレス)-2011年3月の地震と津波の余波で発売された天然ワインは8周年を迎え、災害から回復した東北地方の味わいを提供します。

ヴィン・デ・ミチノクは、大惨事の日である毎年3月11日に発売され、東北6州(アモリ、イワット、秋田、ミヤキ、山形、福島)のブドウのみを使用し、最小限の添加で作られています。

このワインは、宮城の首都である戦隊で自然ワインを販売するバドンを経営する井垣拓也氏が2014年に始めた自然ワイン造りプロジェクトから生まれました。

「地震と津波の後、板木は犠牲者に温かい食べ物を提供することを志願しました」と彼は言いました、「私たちは世界中の自然なワインビジネスの人々からたくさんの愛情のこもった援助を受けました」と付け加えました。

「自然のワインに携わる人として、東北を素晴らしい自然のワイン産地に変えることで、彼らの助けを借りることができると思いました」と彼は言いました。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

ジジプレス

READ  アマゾンは日本の成長するSVoD市場のリーダーである、と研究は示しています