1月 28, 2023

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

黙食や「木食」で孤独を学んだ

  • 「もくしょく」とは日本語で黙って食べること、一人で食べることを意味します。
  • 在学中にやってみたのですが、最初は違和感がありました。 しかし、私はそれを愛することを学びました。
  • 孤独と孤独の違いについての私の感じ方が変わりました。

10月下旬のある寒い朝、留学の授業が終わった後、私は京都のラーメン屋に行きました。

日本に1ヶ月滞在した後、ランチやディナーにレストランに行くことが日課になり始め、今では静かに食事をするという日本語の言葉である「木食」と書かれたレストランの看板を見ることに慣れています. 一人で食べる.

ボードを見つめながら、私は頼りになる一品である餃子のラーメンを注文し、一人で食べる準備をしました. 数か月前、ニュージャージーに留学していたとき、自分で食事をするという考えに夢中になっているだろうと想像しました。 しかし、日本の首都である東京よりもテンポの遅い京都では、同じ活動が大好きでした。

一人で食べるという偏見を打ち破る

京都 再開した 3年間のパンデミック制限の後、10月11日に海外からの旅行者と国境を接し、最も人気のある場所のいくつかは寺院や神社です.

大学の交換留学生として、学生ビザを持っていれば、国境が再開する 2 か月前に街を訪れることができました。

最初の数か月は静かで平和で、サイトやショップをうろうろする観光客はほとんどいませんでした。 この街に来て 3 か月目となる最後の 1 か月間、主要なショッピング街である四条の通りは観光客で賑わっていましたが、それでも私が日本を訪れたときよりも観光客が少なく感じられました。 公の場でモグショクを食べるときを除いて、私はまだ全国の他の場所と同じようにマスクを着用していました.

京都のラーメン屋のモクショクサイン

京都のラーメン屋にある「木食」の看板。

礼儀アニー・ウェン



パンデミックにより、一人で食事をする必要性が高まりました。日本での木食の実践は、偏見を恐れずに一人で食事をするための追加の理由を提供しました.

プラスチックの仕切りのあるラーメン屋はとても快適で、地方の多くの店では 2 人か 3 人の小さなパーティーでも、田舎で一人で食事をすることは奇妙に思えません。 興味深いのは、私がここにいる間に、 孤独感と孤独感. これらは 2 つの異なる概念です。

人混みでは孤独を感じるかもしれませんが、他人の知らない国では一人で食事をすることができ、元気に過ごせます。 より多くの人が一人で食事をする場所、常連客にそうするよう促す看板がある場所では、自然でエキサイティングな気分になります。 あなたは、プライベートな食通の群衆の顧客のように感じます。 一緒にあなたは同じ絆を共有しています。

一人で食事をすることの利点にもかかわらず、私はまだそれについていくつかの汚名を持っています.

私は常に周囲をスキャンし、水を補充する必要があるという合図であるかのように、ウェイターと頻繁にアイコンタクトを取りました。 しかし、自分の感情を感じ、食べ物を最大限に味わうことの不快感は、気を散らすことなく、私の心がさまようためのスペースを作り出す可能性があります. それは私が慣れなければならないものです。

一人で食事 それには外的な汚名が伴いますが、そのプロセスは、あなたが考えもしなかったかもしれない感情を内側から引き出します. 一人で食事をするのが寂しいときは、自分の脳に挑戦し、一緒にいる方法を考えます。 どんなに陳腐な表現であっても、内側から強さを見つける能力は真実であり、情熱を持って新しい経験をナビゲートする力を与えてくれます。

実装 もくしょくは福岡のカレー屋から始まり、その後飲食店など全国に広がった。 小学校. 多くの場合、プレキシガラスまたは発泡スチロールの仕切りが利用できるため、人々は食事用に独自の物理的なキュービクルを作成できます. しかし、練習はほとんど黙って一人で食べることです。

ラーメン屋などの飲食店には、一人で食事をするつもりで入る人が多いのですが、物理的な仕切りのおかげで、より効率的で便利になり、それが悪いことではないと人々に受け入れられるようになります。

地元の日本人学生が冗談めかして、この国では外向的な人でさえ、アメリカの基準では内向的に見えることがあると私に言ったことがあります。 一国に一人一人の性格があるというのは大袈裟ですが、日本人は内向的であることがわかりました。

私はまた、そこの人々が自分の言うことをより気にかけていることに気付きました。 これは、保守的な国が異なる、しばしばリベラルなアイデアをあまり受け入れないと感じているためかもしれません。 大学のキャンパスで期待されるように、私は討論に参加したり、食事をしながら物議を醸す話題を聞いたりすることはめったにありません. 内向的な人にとって、一人で食べることは理にかなっています。

今は一人で座って食べたい

一人で食べることは、食べ物をもっと大切にすることを教えてくれました。 日本の味を食べながら、たまにゆずソースを足したり、付け合わせにしたりして、新しい味に挑戦しています。

モクショクは私が日本語を学ぶのにも役立ちました。 流暢な日本語を話す友人に頼らず、自分で助けや説明を求めなければなりませんでした。 言葉につまずいても、恥ずかしさや間違いを感じて新しい言葉をすぐに覚えてしまい、何度も Google 翻訳を引っ張り出してしまいます。 しかし、経験から学んだルールを覚えるのにも役立ちました。 例えば、にんにくのことを「にんにく」と呼んでいることを知りました。

一人で食事をするときは、毎時の食事を利用して、アメリカの友達からのテキストメッセージに追いつき、日本語のページの甘さと風味を味わい、自分が一人ではないことを知って安心しました. 私は一人で座ります。

隣に一人のお客様がいると、京都で一人でいることは自由だと思います。 ほとんど皮肉なことに、私は他人のことを考える時間を作ることを学びました。

READ  日本のプロレス界のレジェンド、アントニオ猪木が79歳で死去:報道