12月 4, 2023

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

麻舞台ヒルズ、東京、日本

麻舞台ヒルズ、東京、日本

麻布台ヒルズは、日本の東京中心部の都市開発プロジェクトです。 旧名称は「虎ノ門・麻布台地区第一種市街地再開発事業」。

虎ノ門・麻布台地区市街地再開発組合が所有・管理し、森ビルと国有企業の日本郵便がリードパートナーとなっている。 このプロジェクトの指定開発者には、日本を拠点とする都市景観開発会社である森ビルが指名されました。

この複合用途プロジェクトには小売店、住宅、オフィススペースが含まれており、6,400億円(45億ドル)の費用で開発されています。

このプロジェクトの計画と開発は、35 年前に 300 人の地権者の協力を得て始まりました。 この計画を実行するために1989年に再開発都市協議会が設立され、2017年に都市計画が認可された。

同プロジェクトは虎ノ万・麻布台地区市街地再開発組合の設立を受け、2019年8月に着工した。 プロジェクトは2023年11月までに完了する予定です。

この複合施設には 20,000 人以上の従業員と 3,500 人の居住者が収容され、年間 3,000 万人の訪問者を迎えることが見込まれています。

場所

朝舞台ヒルズは、東京の中心部、六本木ヒルズと虎ノ門ヒルズの中間、アークヒルズキャンパスに隣接して位置しています。

プロジェクトの敷地面積は8.1ヘク​​タール、延床面積は約86万1,700平方メートル。

麻生台ヒルズプロジェクト詳細

麻布台ヒルズプロジェクトには、1,400戸の住宅、214,500平方メートルのオフィススペース、23,000平方メートルの小売スペース、24,000平方メートルの緑地が含まれます。

麻布台ヒルズレジデンスA・Bタワー、麻布台ヒルズガーデンプラザレジデンス、高さ300mの森JPタワー内に居住スペースをご用意しております。

54 階建てのアサブチ ヒルズ レジデンス A タワーは、高さ 270 メートル、総面積 185,000 平方メートルです。 この建物には、14 階から 53 階までの 320 戸の住宅ユニットと 5 階建てのオフィススペース、122 室のジャヌ東京ホテル、小売および複合用途のスペースが含まれます。

64 階建てのアサブチ ヒルズ レジデンス B タワーは、高さ 240 メートル、総面積 169,000 平方メートルになります。 6階から64階まで970戸の住宅があり、店舗と複合用途のスペースが備わる予定です。

麻布台ヒルズ ガーデンプラザ A、B、C、D には、住宅、店舗、複合用途のスペースが提供されます。

64 階建ての森 JP タワーには、54 階から 64 階までに 91 戸の住宅ユニットがあり、7 階から 52 階までがオフィススペースになります。 また、小売スペースと複合用途スペースも提供する予定です。

森JPタワーには、慶応義塾大学予防医学センター、東京英国学校、東京ベンチャーキャピタルハブ、日本ベンチャーキャピタル協会などのプロジェクトパートナーの本拠地が予定されている。

アサブタイ ヒルズのデザインと景観の詳細

アサブチ ヒルズ プロジェクトは、大きなオープン スペースを備えた近代的な都市村のコンセプトに基づいて設計されています。

地域の地形の違いを活かし、約24,000mの敷地全体に緑を取り入れています。2 6,000mを含む緑地2 センターグリーンは緑地を備えた中央広場です。

都市開発には、約 320 種の植物が生い茂る木、花、水域が埋め尽くされます。 それには、

水は敷地のさまざまな標高を横切って流れ、中央の緑につながります。

設備

麻布台ヒルズには、スパ、ジム、スポーツ施設、病院、フィットネスクラブ、レストラン、食料品施設が併設され、世界クラスの生活環境を創出します。

また、エルメス、オフィシーヌ・ユニヴェルセル・ビュリー、サン・ルイ、ディオール、ベルルッティ、タン、ダヴィネス、フエギア1833麻布台、リナーリ・バオバブなどの幅広い高級小売店も入居します。

寺子屋鮨匠、道美小路ヤマギシ、フロリレージュ、ザ・イエロー・カンパニー・トーキョー、とんかつかわむらなどは、日本文化を代表するレストランや飲食店です。

日本有数の専門店31店舗が集結する大規模食品マーケット「麻布台ヒルズマーケット」。

中央の緑に面したジャヌ 東京 ホテルには、4,000 平方メートルのウェルネス施設、ジム、家族やグループの集まりに最適な 8 軒のレストランとバーが備わっています。

安定性機能

麻布台ヒルズは、エネルギーと環境設計のリーダーシップおよび建築と設計/コアおよびシェル開発 (BD+C) 認証のプラチナ認証を取得する予定です。 完成すると、アサブチ ヒルズは世界最大のプラチナ認定施設となります。

さらに、森JPタワーは、敷地内の室内空気の質や通路などの特徴を認識するためのWELL事前認証を取得しています。

このプロジェクトは再生可能エネルギー源からの電力を使用しており、世界的な企業の再生可能エネルギー イニシアチブである Renewable Energy 100 が設定した目標に準拠しています。 また、エネルギーセンターでは人工知能を活用し、エネルギーを効率的に利用します。

廃水から発生する熱は建物の冷暖房システムに組み込まれ、二酸化炭素排出量を年間約 70 トン削減します。 雨水は収集して緑地の灌漑に再利用し、廃水はリサイクルして再利用します。

現場で発生する廃棄物の総量を監視し、廃棄物を最小限に抑えるよう努めます。

請負業者が関与している

3 つの超高層ビルはすべて建築家の Belle Clarke & Partners によって設計され、低層階と公共エリアは Heatherwick Studio によって設計されました。

このプロジェクトに参加した他の建築家には、藤本壮介建築設計事務所、

ヤブ・プシェルベルグ、マルコ・コスタンツィ・アーキテクツ、SCDAアーキテクツ、ウィンクリエイティブ。

清水建設、三井住友建設、大林組が主要工事を施工している。


READ  ブラックフライデーの爆発:アメリカのショッピング時代を受け入れる日本の小売業者