5月 25, 2024

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

高齢化する日本:「ヌードフェスティバル」への女性の参加は、高齢化が男性中心の伝統に変化を強いていることの表れ

高齢化する日本:「ヌードフェスティバル」への女性の参加は、高齢化が男性中心の伝統に変化を強いていることの表れ


東京/香港
CNN

1200年以上の歴史を誇る『畑高祭」やヌード祭りなど、日本人の男らしさが遺憾なく発揮されています。 実際には。

全体を通して 日本、凍てつく冬、繊細な白い腰布を除いて裸の何千人もの男性が地元の寺院の周りで踊ります。 参加者はそれぞれ、不運を避ける神男「神男」役の男性に少しでも近づけるように努める。

一方で、この儀式は日本の伝統と文化遺産に対する揺るぎない敬意を表しています。 しかしその一方で、日本の伝統文化では男性だけが純粋であると考えられている女性排除の主張は、この国の最大の現代闘争の一つであるジェンダー不平等の特徴をすべて備えている。

今日に至るまで、男性はこの国の最高位の地位や名門民間企業のトップの地位に就いています。

昨年の世界経済フォーラムは、 日本は125位 世界ジェンダーギャップ指数報告書では、ドイツ、英国、米国などの他のG7諸国を大きく下回っている。 インドとサウジアラビアよりもわずか数位上だった。インドとサウジアラビアはどちらも男女平等に関しては低調だった。

専門家らによると、日本の女性の中には「主婦」の役割を担うことを求める根深い文化的期待に今も苦しんでいる人もいるという。 その一方で、この国の過酷な長時間労働と男性中心の企業文化が、すでに男性よりも不釣り合いに多くの家族的責任を負っている女性にさらに悪影響を及ぼしている。

しかし最近、女性たちはヌードフェスティバルに希望を見出している。 この国の深く根付いた男性中心の伝統でさえ、最近では人口減少という国家構造の別のしわによって侵食されている。

クリストファー・ギャラガー/ロイター

2024年2月22日に国府宮神社で行われる涅槃祭に男性たちは股間を覆う柔らかい白いふんどし以外は裸で参加する。

2月、中部の国府宮神社で行われた国内最古の畑祭りには、男性参加者の数が減少する中、初めて41人の女性が参加した。

「このような伝統的な祭りに女性が参加できる理由の一つは、男性が少ないことです」と、東京の星大学でジェンダー政治を専門とする名誉教授の衛藤美紀子氏は語る。

「若者の人口は急速に減少しています。 男性参加者が少ないので女性の方も大歓迎です。

新男の同窓会会員で、国府宮神社の波高祭の開催に携わった西尾春彦さん(57)はこう振り返る。「昨年の祭りの参加者はわずか1,700人で、パンデミック前の観客の5分の1に過ぎなかった」 。」

同氏は、これまで女性の参加が明示的に禁止されたことはなかったが、このような大規模な参加は初めてだと述べた。

その日、円友会と呼ばれる女性グループに小さな役割が割り当てられた(そして女性たちは服を着ることに同意した)。 しかし、それは関係者にとって非常に象徴的なものでした。

「日本は男性を前に、女性を後ろに置かざるを得ません。 これからは女性の力を解き放っていきたいです」と参加者の玉越温子さん(56)はCNNに語った。

クリス・ギャラガー/ロイター

2024 年 2 月 22 日に国府宮神社で行われる涅槃祭で、伝統的な祭りのコートを着て幸せそうに竹の供物を運ぶ女性たち。

主催者にとって、これは現実的な決定かもしれません。 しかし、円友会副会長の鈴木彩香さん(36)は「これは男女平等の問題だ」と語った。

学者らは、これで終わりではないと言う。 簡単な解決策は見当たらず、日本の人口減少は数千年続いてきた祭りを変えるだけでなく、世界第4位の経済大国も変えるだろう。

「高齢化社会の影響は日本経済にとって非常に重要だ。より多くの働く人々、より活動的な人々が必要だ。それではなぜ女性がまだ家にいるのか。女性を労働市場に参加させるべきだ」と衛藤氏は語った。

「私たちの社会はより有能な人材を必要としているため、高齢化社会は女性にとって男女平等を達成するチャンスです」と彼女は述べた。

日本の出生数 放棄された 保健省によると、2023年は8年連続で前年比5.1%減の75万8,631人になると予想されている。

近年の出生率は1.3で推移しており、安定した人口を維持するために必要な出生率2.1を大幅に下回っている(日本は移民が非常に少ない)ため、日本政府は長年、出生率を高めるという使命には疑問があると述べてきた。今しかない。」

星大学の衛藤氏は、人口減少の影響は小さな町や伝統的な儀式に限定されないと述べた。

経済協力開発機構(OECD)が今年1月に発表した報告書によると、2023年の日本の労働力は外国人を含めて6,600万人になるという。 しかし、日本の出生率が停滞し続ければ、その数は今世紀初頭までに3,200万人に半減すると報告書は予測している。

人口危機が渦巻く中、政府や多くの企業は、なぜ女性が未だに家にいるべきという社会的期待に縛られているのか疑問を抱き始めている、と江藤氏は語った。

江藤氏によれば、改善はあったが、畑高祭の変化と同様に、その動機は進歩的というよりも実践的なものだったのかもしれないという。

多くの企業は、女性をより歓迎するために職場での男女平等の推進を進めています。 政府は、母親の負担を軽減するための先見的な計画を含むいくつかの取り組みを導入しました。 奨励する 家事労働を均等に分担するために、男性労働者の85%が2030年までに育児休暇を取得する必要がある。

女性リーダーの例は次のとおりです。 鳥取美津子は、4月1日に日本航空初の女性社長兼最高経営責任者(CEO)に就任した。 ベテラン政治家の上川陽子氏が昨年9月に外務大臣に任命され、20年ぶりの女性外務大臣となった。

しかし、一般的に、政治や行政における女性の代表は依然として満足のいくものではないと専門家は言う。 世界的なジェンダーギャップ報告書によると、岸田文雄首相の閣僚20名のうち女性は5名のみで、2023年現在、企業の上級職や指導的地位に女性が就いているのは13%未満だ。



03:08 – 出典: CNN

客室乗務員からCEOに転身した氏は、より多くの女性がトップの座に就くことを望んでいる

江藤氏は、一部の欧州諸国が採用している女性割当制度などの革新的な政策の欠如が日本の足かせになっていると述べた。

法政大学社会科学准教授の片田かおり氏は、日本の男女平等の進歩は段階的かつ微妙なものだと述べた。 女性にはより多くの機会が与えられているにもかかわらず、偏見や固定観念が根強く残っていると彼女は語った。

女性は下級職や、幼稚園の保守や看護などの保守職に限定されることが多く、一般に男性よりも賃金が低いと彼女は述べた。

「(これは)女性が家庭と子供の世話をしなければならないため、パートタイムで働かざるを得ません。 彼らは子供の面倒も見なければならないため、責任の高い管理職に就くことはできない」と彼は語った。

同じく男性が多いスポーツである相撲の土俵に足を踏み入れようとしている女性の一部が証言しているように、すべての地域施設が国府宮神社の羽高祭ほど女性を歓迎しているわけではない。

アマチュア相撲のトップ力士で、2018年のNetflixドキュメンタリー「リトル・ミス・スーモ」の主人公でもある紺ひよりさん(26)はCNNに、自分は拒絶されることが多いと語った。これは日本が男女平等においてまだまだ長い道のりがあることを思い出させるものだ。 ある時、同僚の男性に「このまま相撲を続けていると結婚できなくなるから、早く辞めたほうがいい」と言われたことがある。

READ  日本の引退したサッカー選手たちは、このゲームが自分たちの若さを保っていると語る