7月 3, 2022

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

高速道路トンネルが崩壊してから9年後に犠牲者が悼む

山梨県大月市12月 2(時事通信社)-中部日本の周防高速道路のトンネル天井が墜落してから9年後の木曜日に9人が死亡した。

山梨県大月市の笹子トンネル近くの場所で、午前8時3分(グリニッジ標準時水曜日午後11時3分)に、喪に服して愛する人を亡くした人や犠牲者に静かな祈りと花を捧げます。コンクリートは12月になります。 2012年2月、トンネルの天井板が崩壊しました。 「事件から9年経っても、私の痛みは消えていません。痛みは増しています」と会葬者の一人は言いました。

トンネルを管理している故人、中日本高速道路の親戚。 または、高速道路のはつかりリゾートで行われた追悼式には、中日本高速道路の幹部や国土交通省の職員を含む約20名が参加した。

ネクスコセントラル会長の三宅義仁は、「私たちは、全体的な考え方を維持し、安全を最優先することに新たに取り組んでいます。当社は、チーム全体で高速道路の安全性を高めるために全力で取り組んでいきます」と述べています。 監督。

墜落事故で亡くなった石川慎一さん(72)と娘のユリさん(28)は、「嬉しかった彼の写真を見ると、ネクスコセントラルは彼の命を奪うことに大きな責任があると感じている」と語った。 記念の後に言った。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

READ  アップデート1-竹田がNovaVoxKovitをリリース-2022年初頭に日本で19発撮影