9月 19, 2021

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

高度だが汚名がある:日本はパラリンピックを受け入れることに消極的東京パラリンピック2020

Wチキン東京 パラリンピック 8月24日にオープンした日本の首都は、大会を2回開催した最初の都市になりました。 最初の公式パラリンピックは1960年にローマで開催され、2回目は1964年の東京オリンピックの後に開催されました。

1964年と2021年のパラリンピックは、どちらも異常な状況下で開幕しました。 日本は、第1回東京オリンピック・パラリンピックでの戦後の災害から回復した後、世界の舞台に戻ったと考えられていました。 現在延期されているパラリンピックは、世界的な大流行の中で初めて開催されます。

その57年間で、日本では障害者に対する態度が大幅に改善されましたが、社会的規範の遵守を重視し、群衆から目立たない文化にスティグマが残っています。

パラリンピックの態度に対するエピデミックの正確な影響を評価することは困難ですが、オリンピック開催の最前線で大衆の反対があったにもかかわらず、パラリンピックがオリンピックの邪魔にならなかったことを否定することは困難です。

東京オリンピックでは約450万枚のチケットが販売されましたが、パラリンピックでは77万枚でしたが、流行により両方のイベントで使用できなくなりました。 比較すると、ロンドンで開催された2012年パラリンピックでは200万枚以上のチケットが販売されました。

オリンピックの開会式では、日本の観客の54%以上が記録され、パラリンピックの観客は24%未満でした。

報道の面では、公共放送NHKは、すべてのチャンネルとオンラインで500時間のパラリンピック放送番組で先導しています。 しかし、5つの大きなモールの状況は大きく異なり、それぞれがイベントを放送し、他のパラゲームのハイライトが限られています。

日本テレビは、パラリンピック開幕前の週末に、障害児や病気の子供たちのためにチャリティーマラソン「24時間テレビ:愛は地球を救う」を開催したことから、特に批判を受けています。 この番組は、24時間連続広告に請求されるプレミアムから大きな広告収入を享受しているステーションの評価と経済的成功です。

雑誌やソーシャルメディアのユーザーからのコメンテーターは、日本テレビの24時間チャリティー運動のニュースとパラリンピックの小さな報道の違いを偽善的に非難しました。

個人的には、ビジネスネットワークの人々はパラリンピック放映権に入札しません。なぜなら、数字を見ることがコストを正当化するものではなく、この立場が根拠のないものではないからです。

家系の名前を使わないように頼んだ東京在住の優子さんは、24時間制のチャリティーの「表面的な障害への関心」は偽物だといつも思っていたが、パラリンピックはあまり見ていないと語った。 。

日本の水泳選手山田美幸の金メダルのような成功は、日本のパラリンピックへの幅広い関心を刺激するのに十分ではありませんでした。 写真:豊/アフロ/シャッターストック

「私は何人かの水泳選手とその14歳の少女山田美幸を見ました [gold medallist in the S2 100m backstroke and Japan’s youngest ever Paralympic champion] 信じられないことでした。 しかし、水泳はオリンピックよりもはるかに遅く、正直なところ、私はそれを見るのが恥ずかしいです」とオリンピックでボランティアをした優子は言いました。

「彼らがオリンピック選手よりもスポーツに驚くべき努力をしていることは知っていますが、彼らは障害者であるため、私は見ているような気がします。多くの人が同じように感じていたと思いますが、私は言っていませんそれ。

トランスジェンダーの人々に対するそのような態度は確かに日本にとって奇妙なことではありませんが、全身的な虐待は他の同等の国よりも長く続き、後に導入された法的保護がありました。 これは日本が今でも計算している伝統です。

複数の障害を持つ人々が「優生学の観点から劣った子孫の誕生を防ぐ」ことを禁じた1948年の優生学保護法は、1996年まで廃止されませんでした。 最後の避妊は1993年でした。 避妊の犠牲者25,000人に救済を提供することで合意に達したのはわずか2年前であり、その多くは依然として法廷で追加の補償を求めて争っています。

日本障害者評議会の藤勝典会長は、優生学法はもはや本に載っていないが、その影響は依然として社会と障害者の態度に影響を及ぼしていると信じている。 彼は、裁判所がそれを違憲であると宣言したにもかかわらず、政府は犠牲者への補償を避けるために避妊からの期限が切れた制限の法律に依存していると指摘している。

8月初旬、神戸の裁判所は、法律の違憲性を認めた6番目の裁判所となったが、原告への損害賠償を否定した。 5つの避妊薬、脳性麻痺と聴覚障害のある2組のカップルが政府に5500万円(36万4000ポンド)を要求した。 原告の一人である鈴木夕湖は、1968年に12歳で説明なしに中絶された。

「日本の障害者の状況には良い面と悪い面があります。特に大都市では、エレベーターや車椅子を使って公共交通機関が改善されていますが、偏見の観点からは、それほど改善されていません」と富士氏は語った。

彼は、パラリンピックを通じた障害者の前向きなメッセージは、根本的な制度的、法的、社会的変化を伴わなければ、しばしば無意味であると主張している。 日本はまだこの問題に取り組むには長い道のりがあります。

READ  日本で初めて、Govit-19人の患者が自宅で10万人の治療を受けました