5月 18, 2024

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

驚くべき日本刀コレクションが日の目を見る

驚くべき日本刀コレクションが日の目を見る

福岡県太宰府市 — これまで一般公開されたことのなかった個人所有の優れた日本刀コレクションが、この西日本の都市にある九州国立博物館に展示されています。

これらの刀身は平安時代 (794 ~ 1185 年) から現代にまで遡り、日本の刀剣文化に対する深い知識が専門家に深い感銘を与えた修行者のものです。

そのコレクションは2年前まで本人に知られていた'の家族

平安時代の剣豪・佐達名の銘が刻まれた刃渡り70センチの大刀や、 鎌倉時代(1185年~1333年)の名工が作った短刀。 そして明治時代(1868年~1912年)の帝国政府鉄道の儀式用パンチ。

博物館の展示室には、さまざまな様式の日本刀が合計 31 丁並んでいます。

中には国の重要文化財に匹敵する貴重なものもあるという。

このコレクションは、北九州市在住の故北崎哲郎氏から寄贈されたもの。

北崎先生は1939年生まれで、戦後すぐに父親が開業した医院を引き継ぎ、医師として社会医療に力を入れた。

妻の通子さん(78)によると、北崎さんの本当の夢は医師ではなく歴史家になることだったという。 彼は「ヘイグ物語」のような戦争物語が大好きで、日本刀に強い思い入れを持っていたという。

北崎さんが初めて短刀を買ったのは高校生の時。 彼は医師としての修行の傍ら日本刀を収集していた。

31 本のうち 22 本は 16 世紀以前の「古刀」に分類されます。

このコレクションでは、日本の 5 つの主要な刀剣生産地域、つまり「コカタン」(文字通り「5 つの伝統」)、つまり大和(現在の奈良県)、山城(京都府南部)、備前(南東部)の地域を比較することができます。 岡山県)、美濃(紀府県南)、相模(神奈川県)。

関係者によると、このコレクションにはさまざまな時代を代表する備前刀鍛冶の一流の作品が含まれており、専門家が時代による様式の変化を追跡できるという。

九州国立博物館学芸員の望月憲文氏は北崎コレクションを高く評価した。

「これは単なる傑作の詰め合わせではなく、体系的な収集プログラムに基づいた素晴らしいコレクションです」と彼は言いました。 「日本刀の長い歴史をたどるのに役立ちます。」

北崎さんは2022年2月に82歳で亡くなった。 彼は自分のコレクションを他人に見せたり、展覧会に貸したりすることはなかったので、その存在は家族のみに知られていました。

北崎さんは生前、自分が所有する刀剣をすべて九州国立博物館に寄贈したいと述べており、北崎さんの死後、遺族が同団体に連絡した。

北崎コレクションの特別展が1月下旬、同美術館で始まった。 美知子さんは「美の最先端~北崎哲郎コレクションの日本刀~」の初日に2人の娘とともに現地を訪れた。

美智子さんは「夫のコレクションがこれほど見事に展示されて、きっと喜んでいると思います」と語った。

特別展は4月14日まで。

READ  イーロン・マスクの X 限定地震警報アカウントは日本に拠点を置いています