5月 25, 2024

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

飲料ブランドが日本のアフタースキーシーンに目を向けるべき理由

飲料ブランドが日本のアフタースキーシーンに目を向けるべき理由

日本は数十年ぶりにスキーシーンに多額の投資を行っています。 動きの速い飲料ブランドは、今シーズン、観光のホットスポットで有利なスポンサーシップの機会をつかむことができます.

日本のスキー産業は多額の資金注入を受ける予定です。

北海道ニセコにある日本ハーモニー リゾーツのオーナーである香港の億万長者リチャード リー氏は、新型コロナウイルスのパンデミックの最中にさらに多くのスキー ホテルを建設する計画を立てており、新しいスキー リフトと新しいパーク ハイアット ホテルの設置に 5 億ドル以上を費やしています (部屋は 1,200 ドルから)。 周辺地域で。 報告によると、リーは現在のリゾートの隣の山頂に土地を購入し、スキーリフトのチケットの価格を 50% 引き上げる予定です。

日本のスキーシーンで有望視されているのはリズだけではない。 中国の Fosun International Ltd は、億万長者の Francis Yeoh 氏が率いるマレーシアの YTL Corporation と同様に、日本で Sky の資産を購入しました。

日本がコロナ後初めて外国人観光客の受け入れを再開した今、スキーヤーは 1 月中旬から 4 月上旬まで続く 2023 年のスキー シーズンに向けてゲレンデに群がっています。

パンデミック前よりも 20% 安く日本を訪れることができる円安に魅了されたオーストラリア、シンガポール、米国などからのスキーヤーは、国の新鮮なパウダーと信じられないほどの山の景色を利用するために時間を無駄にしていません.

ブルームバーグによると、日本のスキー産業は数十年にわたる衰退を逆転させる可能性があり、これは 475 のスキー リゾートが輝きを放つ瞬間かもしれません。

ドリンク ブランドが日本のアフター スキー シーン内でのビジネス パートナーシップの可能性をまだ認識していない場合は、おそらくそうすべきです。

スキー客はさまざまな種類の酒を非常に受け入れており、幸せなスキーヤーはゲレンデでのスキーが終わった後もずっとエンドルフィンを流し続けたいと考えています。

ホリデー オペレーターの Sunweb の新しい調査によると、旅行者は自宅で同じドリンクを飲む場合よりも、アフター ドリンクに 167% 多くお金を費やしています。

ヨーロッパで最も人気のある 15 のスキー リゾートで、ロゼ、ビール、アペロール、ヴァン チャート (グリュー ワイン) などの人気の「アフター」ドリンクの価格を調査した調査では、スキーヤーは 17.00 ユーロまで支払うことをいとわないことが示されました。 アペロール スプリッツ (フランスのメリベルにある有名なラ フォリ ドゥースでの飲み物の価格)。

過去に、ヴーヴ・クリコはヨーロッパのアンドラ スキー リゾート グランドヴァリラと提携しており、このリゾートではグルメ料理と一緒にグラス シャンパンを提供していました。

コロラド州アスペンで最もにぎわうバーの 1 つは、1 回のランチ サービスで 140 本のヴーヴ クリコを交換したことも明らかにしました。その多くは、顧客が快楽主義的な「シャンパン シャワー」でお互いに水をはねかけるために購入しました。

イェーガーマイスターはブランドのスノーボードとパーカーでスキーのトレードを後援することで知られており、AB InBev が所有するコロナ ビール ブランドはゲレンデで肌寒いスリルを求める人にビーニー帽を提供しています。

一方、ホットバターラムとアイリッシュコーヒーは、自尊心のあるスキーリゾートで素晴らしく売れているため、クラーケンやジョニーウォーカーなどのプレミアムブランドは、日本のNoviouxスキーシーンをきれいにすることができます.

消費者の需要は、今ではないにしても、すぐに実現する可能性が高いようです。 しかし、日本のアフターマーケットに最初に参入するのは誰でしょうか? ヘネシーやレミー マルタンなどの高級コニャックは、アジア太平洋地域の消費者に好まれる可能性があります。

特に多くのホスピタリティ施設が彼らの幸福を提供したいと考えているため、高級酒会社も繁栄することができます. 日本酒は、日本文化を探求しようとしている国際的なスキーヤーにとって重要な違いを提供することができます.

昨年中国でアジア最大のクラフトビール醸造所を設立したバドワイザーは、日本のリゾート所有者との間で、同社のビールを日本のスキーの「顔」にする契約を結んだ。

2020年、Luxusのレポートによると、当時アジアでのシャンパンの売上高でトップだった日本では、シャンパンが依然として支配的な飲み物であることが示唆されました. ローラン・ペリエ、モエ・エ・シャンドン、テタンジェ、ロデラーは、日本国内の消費者に人気があります。

現時点では平等な競争の場ですが、どの飲料ブランドが最初にそこに参入するのに十分大胆であるかにかかわらず、年末の結果時に報酬を得ることができます.

READ  インドネシアの選挙、日本のH3ロケット打ち上げ、カカオ収入