10月 6, 2022

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

食品安全保障栄養局 (FSIS) は、大腸菌 O157:H7 汚染の可能性があることから、HelloFresh ミール キットで特定された牛ひき肉に対して公衆衛生上の警告を発行します。

ワシントン、2022 年 9 月 10 日 米国農務省の食品安全検査サービス (FSIS) は、HelloFresh ミール キットの牛ひき肉製品が関連している可能性があるという懸念について、公衆衛生上の警告を発しています。 大腸菌 (大腸菌O157: H7病。 製品が購入できなくなったため、リコールは要求されませんでした。

この公衆衛生警告のための牛ひき肉を含む食事キットは、2022 年 7 月 2 日から 21 日まで消費者に出荷されました。次の製品は公衆衛生警告の対象です。 [view label]:

  • 10オンス。 パッケージの側面にコード「EST #46481 L1 22155」または「EST #46481 L5 22155」が付いた「GROUND BEEF 85% LEAN / 15% FAT」が入った真空パックのプラスチック容器。

牛ひき肉のパッケージには、USDA 検査マークの内側とプラスチック製の牛ひき肉のパッケージに「EST.46841」と記載されています。

FSIS、疾病管理予防センター、および州の公衆衛生パートナーが発生を調査しています 大腸菌 O157:H7 と生の牛ひき肉が、報告されている病気の原因である可能性があります。 追跡情報により、複数の症例患者が、M46841 で製造され、2022 年 7 月 2 日から 21 日までに HelloFresh によってミールキットで配布されたひき肉を受け取ったことが判明しました。牛ひき肉の生産に使用された材料の追跡は進行中であり、FSIS は供給業者および公衆衛生パートナーと協力し続けています。調査について。

FSIS は、一部の製品が消費者の冷蔵庫にある可能性を懸念しています。 これらの製品を購入した消費者には、それらを消費しないことをお勧めします。 これらの製品は廃棄する必要があります。

FSIS はすべての消費者に対し、生肉と冷凍肉を含む生の肉製品を安全に調理し、160 度の温度で調理された牛ひき肉を消費するようアドバイスしています。それ。 有害な細菌は、内部温度を測定する食品温度計の使用、 https://www.fsis.usda.gov/safetempchart.

公衆衛生上の警告に関する質問があるメディアと消費者は、hello@hellofresh.com に連絡するか、 ライブチャット経由.

食品の安全性に関する質問がある消費者は、888-MPHot (888-674-6854) の USDA Free Meat and Poultry Hotline に電話するか、 農務省に聞く 月曜日から金曜日の午前 10 時から午後 6 時 (東部時間)。 消費者は、次のサイトでも食品安全メッセージを閲覧できます。 農務省に聞く または、質問を MPHotline@usda.gov に電子メールで送信してください。 肉、鶏肉、または卵製品に関する問題を報告する必要がある消費者は、オンラインの電子消費者苦情監視システムに 24 時間アクセスできます。 https://foodcomplaint.fsis.usda.gov/eCCF/.

READ  ダウ先物は上昇します:今日の株式市場が下落した後に何をすべきか。 Netflix、テスラの次の収益