5月 19, 2022

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

飛行機がまだ削減されている間、日本の航空労働者は地上でより良い仕事をしています

噴火が始まってから2年以上経った今でも、この流行は航空会社に大混乱をもたらし続けており、企業は地上の役割に二次客室乗務員を抱えています。

そのひとつが全日本空輸です。 客室乗務員の横畑紫苑さん(25)は、二次輸送市場での競争を激化させることを目的に、発生当初から日本鉄道建設運輸技術会社に志願してきた。 広報担当官を務める。

八田陽子は、思いがけない転職を前向きに受け入れ、空中で仕事に復帰した際に代理店で得た経験を生かそうと決意。

代理店が公開したプロモーションビデオでは、横浜に新しい駅が建設されている建設現場で、ヘルメットと機能的な作業服について報告している横浜を見ることができます。 彼は、ビデオに表示されているものを除いて、プロジェクトを促進する製品の計画から制作まですべてを担当しています。

横畑は2019年春にANAに入社し、ヨーロッパ、アメリカ、東南アジアへの国内線および国際線に就航しています。

約1年後、COVID-19は日本と航空セクターを襲​​った。 空の飛行機での作業にショックを受けた彼は、新しいスキルを学ぶために自宅からオンライントレーニングプログラムを実施することにしました。

2021年8月、彼は鉄道庁の2度目のチャンスの発表を見ました。 彼は申請書の中で、フライトアテンダントは仕事とはまったく異なることを進んで学んでいると説明しました。 八田陽子は10月に代理店で働き始めました。

彼は全国を旅し、新幹線を含む建設現場や鉄道施設を訪れ、北陸新幹線の乗客に配布される雑誌に一連の記事を書いた。 彼は広報担当官として、その努力が一般の人々にはほとんど知られていない代理店の仕事を推進しています。

横浜の駅建設現場での横畑シオン(左)の報告。 | YouTubeチャンネル/日本鉄道建設運輸技術庁京都

八田陽子は、船の建造に携わった客船の建造を引用し、進水を記念した式典は彼の最も記憶に残る経験であり、彼の役割を誇りに思っています。

「私たちが同じ目標に向かって取り組んだとき、私はプロジェクトに関係する人々がそれを実行するためにどのように投資したかを感じることができました」と彼は言いました。

このようなプロジェクトを適切に推進する能力に欠ける組織は、横畑の才能が人々に理解しやすい形でどのように提示されているかを高く評価しています。

航空業界は引き続き厳しい状況にあり、今年2月現在、ANAグループの従業員を含む約1,700名の従業員が約300の関連会社や組織で働いています。

横畑さんは、将来また飛びたいと言っています。

「しかし、エピデミックの影響は単に否定的なものではありません」と彼は述べました。 「これは私にとって良い機会だと思います。今は自分の経験を広げ、スキルを向上させたいと思っています。

誤った情報と過剰な情報の両方の時代に、 質の高いジャーナリズムはこれまで以上に重要です。
購読することで、あなたは私たちが物語を正しく理解するのを助けることができます。

今すぐ購読する

フォトギャラリー(クリックしてズーム)

READ  アップデート1-竹田がNovaVoxKovitをリリース-2022年初頭に日本で19発撮影