10月 21, 2021

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

韓国の教育技術スタートアップRiiidが日本のモバイルアプリディストリビューターを買収

韓国の人工知能ベースの教育テクノロジー企業であるRiiidは、ビジネスを世界第3位の経済大国に拡大するために、サービスの日本の販売代理店であるLangooを買収したと土曜日に語った。

この買収は、日本のソフトバンクのビジョンファンド2からシリーズDの資金で1億7500万ドルを受け取ってからわずか5か月後に行われ、合併や買収を通じて拡大するという同社のより広範な戦略の一部です。

「この投資を強化することで、日本の市場機会が広がります。この買収は、有機戦略の最初のステップであり、最終的にはRAIDのAIテクノロジーをグローバル市場で使用できるようになり、世界中のより多くの学習者を支援できるようになります」と述べています。 Riiidの共同創設者兼CEO、ZhangYoung-jun。

2019年以来、ラングは日本のRiiid Tutorの独占プロバイダーであり、アプリの売り上げは毎年400%増加しています。

「この買収の主な理由は、リジッドチューダーとのローカルビジネスにおけるランゴの並外れた能力です」とチャン氏は付け加えました。

買収を通じて、ロイドは、2020年までに2,880億円(26億ドル)に相当する地域の遠隔教育および教育市場に対応するための日本の手を設立しました。これは、Govt-19の流行の中で前年比22.5%の増加です。

同社は、日本市場での韓国での製品の成功を活用するために、マーケティング、販売、企業間サービス開発など、さまざまな事業セグメントを強化する予定であると語った。

リット氏は、顧客基盤を拡大するために、国際サービスの英語選択を超えて、AIベースの英語を話すサービスと英語トレーニングサービスにサービスを拡大する予定であると語った。

Riiidは現在、南米、中央アジア、東アジアの10か国以上でさまざまなドメイン向けのAIベースの学習ソリューションを製造または提供しています。

[email protected]

READ  日本の経済大臣は日銀の2%の価格目標を変更する必要はありません