7月 21, 2024

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

韓国のリチウム電池工場で火災、少なくとも22人死亡 | 経済ニュース

韓国のリチウム電池工場で火災、少なくとも22人死亡 | 経済ニュース

消防当局は、火災は倉庫内でのバッテリーセルの爆発が原因だと発表した。

韓国のリチウム電池工場で火災があり、少なくとも22人が死亡、8人が負傷した。

韓国当局は月曜日、この火災で少なくとも労働者16人が死亡、3人が負傷したことを事前に確認していた後、ソウルの南45キロ(28マイル)にある華城の工場から22人の遺体を収容したと発表した。

死者の中には中国人労働者18人とラオス人労働者1人が含まれていた。 消防職員キム・ジンヨン氏は会社関係者からの情報として、死亡した残りの従業員の国籍はまだ確認されていないと述べた。

当局によると、火災は韓国の電池メーカー、アリセルが運営する工場で午前10時半(日本時間午後1時30分)ごろ発生し、午後3時(日本時間午後6時)過ぎに鎮火したと発表した。

消防士のキム氏は同日、地元メディアに対し、火災当時現場では100人以上の職員が働いており、約20人の職員が行方不明になっていると考えていると語った。

キム氏は、倉庫内で多数のバッテリーセルが爆発して火災が発生したと述べた。

韓国の尹錫悦大統領府は、「人々の捜索と救出に集中するため」利用可能な人員と装備をすべて動員するよう当局に命じたと発表した。

華城市当局は一連の警報を発令し、火災による煙のため屋内に留まり窓を閉めるよう国民に勧告した。

電話、ラップトップ、電気自動車で使用されるリチウム電池は、過熱したり穴が開いたりすると、熱トリガーとして知られる現象によって爆発または発火することが知られています。

韓国はリチウム電池の主要輸出国であり、LG Energy Solution、Samsung SDI、SK Onなどの大手業界企業を擁しています。

READ  ベネディクト 16 世のニュース: バチカンは元法王の近況報告を提供します