6月 26, 2022

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

韓国と日本で10個の大型コンテナを注文

日本の海運会社であるオーシャンネットワークエクスプレス(ONE)は、2025年に10隻の大型コンテナを発注しました。

船舶の造船契約は、韓国の現代重工業および日本のニハン造船所との間で締結されています。 各造船所は5隻の船を建造します。

ある船は13,700TEU以上の容量があり、アンモニア、メタノール、または炭素の回収と貯蔵に対応できるように設計されているとのことです。

「1つは海洋脱炭素化の最前線に立つことを約束し、カーボンニュートラルを達成することによって2050年までに持続可能な海洋輸送を達成することに完全にコミットしている」とONEは声明で述べた。 「同社は、業界パートナーとのオープンコラボレーションを行いながら、グリーン資産とテクノロジーに必要な投資を継続します。」

日本造船所は、2021年1月に日本の造船会社今治造船とジャパンマリンユナイテッド株式会社(JMU)の合弁会社として設立されました。

オーシャンネットワークエクスプレス、またはONEがありました 2017年に作成 日本郵船、川崎汽船、MOLの3大コンテナ船を組み合わせたものです。 会社 運用開始 2018年4月には世界で6番目に大きな海上輸送会社になりました。

現在、ONEは205隻の船舶と150万TEUを誇る世界第7位のライナーオペレーターです。 高山。 同社の注文書は34隻の船に搭載されています。

READ  高速道路トンネルが崩壊してから9年後に犠牲者が悼む