2月 23, 2024

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

韓国、犬肉食を禁止する法案を可決、消費者の習慣が変化する中、物議を醸す慣行に終止符が打たれる

韓国、犬肉食を禁止する法案を可決、消費者の習慣が変化する中、物議を醸す慣行に終止符が打たれる


ソウル、韓国
CNN

韓国議会は火曜日、動物の繁殖と屠殺を禁止する法案を可決した。 食用の犬長年にわたる全国的な論争を経て、犬肉を食べるという伝統的で物議を醸す習慣を終わらせる。

この法案は韓国の分断された政治情勢の中でまれに超党派の支持を得ており、この国の急速な工業化の中で犬を食べることに対する態度が過去数十年間でどのように変化したかを浮き彫りにした。

国会の対応委員会によると、この法律は犬の原料を使用して製造または製造された食品の流通と販売を禁止する。

ただし、犬の肉や関連製品を消費する顧客は罰則の対象にはならないため、この法律は主に犬のブリーダーや販売者などの業界に従事する人々を対象とすることになる。

この法案では、食用として犬を屠殺した者には最高3年の懲役または最高3000万韓国ウォン(約2万3000ドル)の罰金が科される可能性がある。 食用として犬を飼育したり、犬から作られた食品を故意に入手、輸送、保管、販売したりした者も、より軽い罰金と懲役刑に処せられる。

アンソニー・ウォレス/AFP/ゲッティイメージズ

2023年11月30日、ソウルで、犬肉の消費を禁止する政府の動きに対する犬のブリーダーの抗議活動中に、トラックに閉じ込められた犬が見られる。

同委員会によると、農場の所有者や犬肉レストラン、犬の取引に携わるその他の企業には、廃業または事業変更のために3年間の猶予期間が与えられるという。 地方自治体はこうした事業主が他の事業に「安定」して移れるよう支援することが求められるだろう。

この法案は現在、最終承認を得るためにヨン・ソクヨル大統領に提出されている。 この提案は尹氏の与党と最大野党の両方が提案したもので、数頭の犬を飼い、12月の大統領の国賓としてオランダを訪問した際に動物保護団体を訪問したキム・クネ大統領夫人から声高な支持を受けた。

ベトナムの一部や中国南部と同様、韓国にも犬肉を消費してきた歴史がある。 韓国では伝統的に夏の暑さをしのぐのに役立つ食べ物とみなされており、貧困率がはるかに高かった当時は安価で容易に入手できるタンパク質源でもあった。

農業食品農村部によると、韓国には食用として運営されている犬農場が約1,100カ所あり、これらの農場では約50万頭の犬が飼育されている。

しかし、この慣行はここ数十年、動物愛護活動家を先頭に批判にもさらされている。 国際ヒューメイン・ソサエティ・インターナショナル(HSI)などの国際人権団体は、韓国の農場から犬を救出し、海外に輸送する活動を行っている。

犬肉を食べる韓国人も増加 大幅に減りました ペットを飼うのがより一般的になるにつれて。 現在、犬肉の消費者は高齢者を敬遠する傾向にあり、韓国の都市部では若者が敬遠する傾向があり、アジアの他の地域でも同様の傾向が見られます。

による2022年の世論調査では、 韓国ギャラップ参加者の64%が犬肉を食べることに反対しており、これは2015年の同様の調査と比較して大幅に増加した。過去1年間に犬肉を食べた参加者の数も、2015年の27%から2022年にはわずか8%に減少した。

公式統計によると、2005年から2014年の間に、首都ソウルで犬のサービスを提供するレストランの数は、需要の減少により40%減少した。

「犬肉に対する私たちの認識」 HSI Koreaの犬肉禁止キャンペーン責任者のLee Sang-kyung氏は、消費と動物全般は過去数十年で変化したと語った。

「朝鮮戦争時のように、食料供給が不足していたときにはよくあったことですが、経済が発展し、動物に対する人々の見方や食料消費、食料の選択や物事が変化するにつれ、今こそ、社会の変化に合わせて行動する適切な時期だと思います。」回。」

同氏は、月曜の法案可決は「大統領夫人の関心とともに高まる」政治的意志の高まりの一因であると付け加えた。

チョン・ソンジュン/ゲッティイメージズ

2023年11月30日、韓国・ソウルでの抗議活動中の犬飼いと警察官の間の乱闘。

しかしこの法案は、犬のブリーダーや経営者らの生計や伝統を破壊するとして激しい抵抗にも直面している。

ロイター通信によると、11月には数十人の犬のブリーダーやトリマーがソウルの大統領府の外に集まり、この法案に抗議し、その多くが犬をケージに入れて現場に放す予定だったという。 現場では農民と警察の間で衝突が起こり、デモ参加者の一部が逮捕された。

「もし私が置かれている経済状況を考えると、事業を廃業しなければならないとしたら、私に何ができるのかという答えは本当にありません…私は長い間この状況に陥ってきました」と、ある犬飼いのイ・ギョンセグさんは語った。と昨年11月にロイターに語った。 「12年前、とても驚きました。」

韓国犬肉協会は11月のプレスリリースで、政府が犬肉業界を「潰すぞと脅迫」し、犬肉消費者や労働者との「一度の話し合いも連絡もなしに」法案を提案したと非難した。

「(犬肉消費者の)1,000万人の食料への権利と、100万人の家畜飼育者と労働者の生存の権利を奪う権利は誰にもない」と彼女はプレスリリースで述べた。

しかし、HSI所長のリー氏は、この法案の猶予期間と救済措置が犬飼いの経営を維持するのに役立つだろうと楽観的だった。

「HSIで業界関係者と話をした経験に基づいて、犬肉のブリーダーや肉屋の大多数は業界から撤退したいと考えているが、業界から撤退する方法が分からないことが分かりました」と同氏は述べた。

「しかし、法案が成立し、政府からの補償金(と)財政支援も得られた今、彼らにとっても業界から撤退する良い時期だと思います。」

READ  「夏のように感じる」: 暖かい冬がヨーロッパの気温記録を破る