4月 14, 2024

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

韓国、日本、中国が4年ぶりに協力再開で合意

韓国、日本、中国が4年ぶりに協力再開で合意

韓国、日本、中国の外交トップらは日曜日、ほぼ4年ぶりの会合で、アジアの近隣諸国間の協力を再開し、首脳による三か国首脳会談を再開することで合意したが、具体的な期限は定めなかった。

経済的にも文化的にも密接な関係にあるこの 3 か国は合わせて世界の GDP の 25% を占めています。

しかし、協力を強化する取り組みは、戦時中の日本の侵略や、中国と米国の戦略的対立に起因する歴史紛争など、さまざまな問題の組み合わせによって大きく妨げられてきた。

韓国の朴鎮外相は、韓国・釜山で日本の上川陽子氏と中国の王毅氏と会談後、記者団に対し「われわれ3閣僚は、3カ国の協力をできるだけ早く回復し正常化することで合意した」と述べた。

韓国・釜山での日中韓外相会談に出席する韓国代表(中央、中国右、左)(AP写真/アン・ヨンジュン、プール)

朴氏は、3閣僚は「お互いに都合の良い時期」に首脳会談を再開するという下級当局者の事前の合意を確認し、会談の準備を加速することで合意したと述べた。

上川氏はこれとは別に、閣僚らは「早期かつ時間通りに」首脳会談に到達するために作業を加速することで合意したと述べた。

韓国と日本の報道によると、3者は人的交流、貿易、技術、公衆衛生、持続可能な開発、安全保障などの分野でさまざまな協力プロジェクトを推進することで合意した。

観測筋らは、3カ国首脳会談の時期について合意が得られていないため、今年の高官級会合は次期首脳会議議長である韓国の期待通りに開催されないだろうとの見方を示している。

土曜日に王氏と別の会談を行った上川氏は、東京が津波に襲われた原子力発電所からの処理済み放射性廃水を放出したことを受けて、中国に対し日本からの水産物輸入禁止を解除するよう改めて日本側に要求したと述べた。

中国外務省によると、王氏は、中国は下水を放出するという日本の「無責任な行動」に反対し、この過程の独立した監視メカニズムを求めたと述べた。

READ  カナダのデニス・シャポバロフがジャパン・オープンの準決勝でテイラー・フリッツと対戦 | ナナイモニュースNOW