9月 19, 2021

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

障害のある日本人はしばしば目に見えません。 パラリンピックは永続的な光をもたらしますか?

東京-パラリンピックに参加する前に、東京は障害を持つ人々がよりアクセスしやすいようにするための一連のプロジェクトに着手しました。 ほぼすべての駅にエレベーターがあり、プラットフォームの側面には視覚障害者を保護するためのセキュリティバリアがあります。 新築のホテルの約3,200室は車椅子対応で、多くの公衆トイレには露店があります。

パラリンピックボランティアの平野悠堂が変更を歓迎します。 しかし、ある日の午後、車椅子でアクセス可能であると宣伝されている建物に最近行ったとき、ほとんど見えない障壁が彼を止めました。 彼は自動正面玄関に通じる小さな斜面に衝突し、誰かが彼の車椅子を後ろから押すことなしにそれを克服することができませんでした。

「はい、私たちはあなたを受け入れることができます」と彼らは3、4回言いましたが、私がその場所に着くと、私は物理的に入ることができませんでした。家。行かなければならなかった。」

パラリンピックの主催者は、エリートアスリートだけでなく、すべての障害者の注目を集めるアスリートの力を繰り返し奨励してきました。「差別や障壁のない社会を作る機会を高く評価しています。

彼女の訴訟の支持者は、この声明の実際の写しをオンラインで利用できるようにするために取り組んできました。 インフラストラクチャの変更は、刺激的な改善だけでなく、日本の障害者の日常生活の改善にも役立つと彼らは言います。

それにもかかわらず、これらの弁護士は、目に見えない障害者の長い歴史を持つ国に焦点がいつまで続くのか疑問に思っています。 日本では、まだ多くの障害児が別々の学校やクラスで教育を受けていますが、大企業は障害のある従業員のために分離された細分化を維持しており、知的障害のある子供はしばしば施設に保管されています。

「成功は調整されていません」と、日本に13年間住んでいる日本の障害者歴史家のマークブックマンは言いました。それが建てられても、建物自体にアクセスできない場合、それは実際には問題ではありません。

「アクセスは、問題を解決する瞬間ではありません」と氏は言います。 ブックマンが追加されました。 「オリンピック後、国際的な圧力がないとき、そのプロセスは続くのだろうか?」

障害者が提起する質問は、保健省によって障害者として分類されている日本の960万人に限定されていません。これは人口の7%以上です。 世界で最も古い人口を抱える障害者は、毎日さまざまな活動を行うことで、より多くの日本居住者に対応する必要があります。

彼女の訴訟の支持者は、この声明の実際の写しをオンラインで利用できるようにするために取り組んできました。 ゲームが行われた場合 海外の聴衆、彼らは、手順が実際に機能するかどうかをテストするために、毎日の専門家の即時チームを提供することができたかもしれないと言いました。

「障がい者も含めて、パラリンピック会場に行って東京に来て、 『ねえ、これが足りないか、足りない』と言ってもらいたい」と平野氏。 人々はそれを直接感じ、可能な限り最善の方法で改革するよう政府に圧力をかける必要があります。

たとえば、彼は、アクセスを増やすために東京の馬車に追加された大型の箱型タクシーを指摘しました。 車椅子のユーザーは、タクシーの運転手が立ち止まったり、追加料金を要求したりしないと主張し、ローリングカーブが登るのに役立つと主張しています。

トヨタジャパンタクシーのスポークスマン、瀬戸喜助氏は一部の苦情を認めたが、「ドライバーが使いやすいようにカーブを改革した」と述べ、63ステップから24ステップに減らした。 。

インフラストラクチャに加えて、活動家はパラリンピック障害を持つ人々をやる気にさせ、彼らができることに制限を感じることができます。

「私は、人生のある時点で障害があり、部屋に統合されている人々を知っています」と彼は言いました。 宇原泰輔2010年バンクーバーパラリンピック冬季パラリンピックでパラアイスホッケーで銀メダルを獲得。 「しかし、スポーツに参加することで、障害があってもコミュニティに再入場できることに気付くことができます。それは彼らに可能性の感覚を与えます。」

おそらく、才能のある人々の心を開く機会も重要です。

「障害者には何もできないと考える人もいます」と、サキュバス大学の視覚障害者の英語教師である宇野眞弘氏は、同窓生の一部はスポーツで競い合っていると語った。 「パラリンピックは、彼らにとって、あるいは特に、一種の証拠になると思います。」

東京オリンピック組織委員会は、国内の観客を禁止した後も、学校の生徒がいくつかのパラリンピックイベントに参加することを許可しています。 東京オリンピック・パラリンピック委員会委員長の橋本聖子氏は、試合をライブで観戦することで、子供たちが「より包摂的で包摂的である」と感じることができると語った。

パラリンピックを2回開催したのは日本だけです。 ゲームがあったとき 1964年東京で開催、当時の天皇太子と道後姫は、パラリンピックを主な理由の一つとして採用し、日本の態度をゆっくりと変えていきました。

1964年に6つのイベントに出場した近藤英夫さん(86)は、日本がパラリンピック選手の採用に苦労したため、車椅子の人が自由に公に動くのを初めて見たスポーツだったことを思い出した。

彼は「地域の他の人々から隠されている」と述べた施設で生活し、訓練した後、海外から来る競技者とオリンピック村のバスが車椅子のユーザーを歓迎するという自信に驚いた。

「私は檻に入れられました」と近藤氏は回想した。 「パラリンピックは私の悟りの瞬間です。」

何十年にもわたる変化にもかかわらず、多くの弁護士は、日本は他の主要国に遅れをとっていると主張しています。 最近まで1996年まで、日本政府はその下でプログラムを提供していました 何千人もの人々が強制的に不妊手術を受けました 知的障害、精神疾患または遺伝性疾患による。 調印から2年後の2016年、日本は差別禁止法を可決した。 障害者の権利に関する国連会議

日本の学校では、障害のある子供たちが主流の教室から除外されることが多いため、いくつかの後ろ向きな態度が見られます。 政府の割り当てにより、障害者は上場企業の職場で2.5%、民間企業で2.3%であることが義務付けられていますが、一部の大企業は障害者専用の子会社を設立しています。

企業が障害を持つ人々にとってより良い環境を作るのを支援するコンサルティング会社であるMirainoでグローバルパートナーシップを率いるエイミー・イザワは、次のように述べています。

パラリンピックは、スティグマをお祝いに変え、苦しみに対する勝利の物語を提示することを約束します。 しかし、アスリートにとって最良の結果は、彼らがそのように見られることです-障害を持つ人々ではなく、アスリート。

8月24日の東京パラリンピック開幕以来、日本で5個のメダルを獲得した鈴木貴之氏は、平等に扱われたいと語った。

今週初めに行われた200メートル自由形イベントのヒートスイムを終えた後のインタビューで、「私の希望は、障害を持つ人々がプレイするゲームを熱心に歓迎している。才能がある」と語った。

READ  日本のアニメ業界の売上高は、10年の最初の秋である2020年に急落しました