12月 4, 2021

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

障壁を破る:政治的に話す日本の青年活動家

日本では、政治演説は禁止されています。 青年活動家はそれを変えようとしています。

彼らはInstagramとTwitterの投票情報で溢れていました。 彼らは見事なポスターをデザインし、ハッシュタグキャンペーンを開始し、人気のあるビデオを撮影しました。 彼らはまた、流行の店の割引を提供しています。

しかし、若い有権者の投票率が頑固に低い国では、日本の政治活動家は独特のハードルに直面しています。 単に政治について話したり投票したりすることは、若い日本人の文化的規範に違反します。

理由は異なります。 日本最大の政治指導者との年齢差を引用する人もいました。 他の人々は、学生主導の政治システムを禁止する法律を引用しています。 その結果、若者は国の将来がどうなるかわからないと感じることがよくある、と研究者たちは述べています。

「日本の問題は、本質的に、政界の多様性の欠如です」と、No Youth NoJapanという活動家グループを率いる大学院生の野城桃子氏は語った。 「世の中には若い政治家がほとんどいないので、彼らは若い人たちのことを考えていないようです。」

日本の若者の間での選挙と投票に関する比較的穏やかなことは、米国とヨーロッパの一部を含む同盟国のますます分裂し、過分極化した環境とはまったく対照的です。

10月31日の総選挙に向けて、活動家たちは東京周辺で有権者をオンラインで動員するキャンペーンを行った。 コロナウイルスの発生により、20代の有権者の市民意識とソーシャルメディアの関与が高まることが期待されています。

若者を対象としたこのようなキャンペーンは比較的新しいものであり、これらの活動家は投票を正常化しようとしています。または、投票について公然と話し合っています。


システムはセットアップされていて手に負えないようであり、自己思考と意思決定の可能性はわずかです。

しかし、彼らは上向きの戦争に直面しています。 日本の投票率は、先進国では引き続き低いです。

今年の総選挙では、有権者の半数以上が投票しました。これは、日本の戦後史上3番目に低い投票数です。 投票率で多くの先進国を追い抜いてきた米国は、最近の選挙で進展が見られました。 2020年には、有権者の3分の2が投票します。 2018年の補欠選挙は、1914年以来最も暫定的な投票率を集めています。

日本の投票率は低く、20代の有権者の3分の1が2017年の総選挙に参加しています。 米国では逆の傾向が見られ、30歳未満の有権者は2018年と2020年に有権者の記録を更新しました。

若くて初めての有権者に投票を促すことはどの国でも難しいですが、活動家は日本ではもっと難しいと言います。

先月衆議院に選出された465人の政治家のうち、平均年齢は55.5歳でした。 下院で選出された指導者の10パーセント未満が女性です。

オンラインキャンペーンとデジタルアウトリーチは、日本では比較的新しいものです。米国や他の多くの国とは異なり、HyperPartisanオンラインキャンペーンは政治生活の不可欠な部分になっています。 しかし、これは誤った情報や陰謀説への扉を開きます。

2019年に発売されたNoYouth No Japanには、10代から20代前半のメンバーがいます。 これは主にソーシャルメディアで実行され、選挙に関する若い有権者からの質問に答え、党、彼らの立場、投票方法について約10万人のフォロワーに教えます。 今年の選挙で、グループはソーシャルメディアサイトへの関心を高めたと野城氏は言います。

みなのみらい2021年の活動家がデモに参加

(町田初佳)

「コビットは、私たちの日常生活にどれだけの政治が関与しているかを示すのに大きな役割を果たしたので、もちろん、より多くの人々が関与しました」と彼は言います。

今年の総選挙キャンペーンでは、社会活動連立が初めて会合を開き、19の社会問題を解決するためのアンケートを提出し、気候変動やエピデミックへの回答などの問題について当事者に質問しました。 グループの活動家たちはツイッターで会い、その数は多いだろうと判断した。

「さまざまな点で、私たちは皆、無視され忘れられていると感じました」と、大学院生であり、Minna No Mirai 2021または67の主催者である町田初佳は、私たちの将来について質問します。

10代の頃、町田は投票年齢を20歳から18歳に引き下げることを主張しました。これは、若者の市民参加を促進することを目的とした2016年の変更です。 現在、彼女はジェンダーの権利活動家です。

「若者は本当に政府によって世話をされているので、彼らは本当に彼らと話し、彼らについて考える政策を立てることができると私は信じています」と彼は言います。

日本では、政治について人々に尋ねることは、依然として社会的デマと見なされています。 そのような感情は、投票するかどうかさえも、あらゆる種類の選挙活動について語っています。

広州大学西野宮校の社会学准教授であり、若者とのオンラインエンゲージメントの専門家である鈴木健月氏は、これらの活動家の仕事は、若者の市民参加に対する一般の認識を変える上で重要であると述べています。

「1970年代以降、日本では政治への関心がかっこいいというイメージがありましたが、今回は若い活動家によるさまざまなキャンペーンがあり、状況は一変したと思います」と鈴木氏。

野城:「日本では、問題は政界の多様性の欠如です」

(野城桃子)

専門家や活動家によると、若い市民の意識を妨げる体系的な要因があります。

何十年もの間、公職選挙法は学生が政治に参加することを禁じていました。 法律はもともと、イデオロギーの影響が教育システムに浸透するのを防ぐために設計されました。

投票年齢を18歳に下げることで、より多くの学生が政治について話し合うことができました。 しかし、ソーシャルメディアを含む未成年者の政治キャンペーンは依然として違法です。 未成年者は、ソーシャルメディアで偏った情報を共有したり、政治的アカウントで共有されている投票情報をリツイートしたりすることはできません。

年齢の変化は、クラスで政治について話すことができる、または話すべきではない高校の先輩(18歳の人もいれば、さらに若い人もいる)の間で混乱を引き起こしました。 学者の中立性の厳格な要件により、教師が政治システムについて率直に話し合ったり、政党や候補者の立場についての質問に答えたりすることが困難になっています。

「デリケートなため、政治の話が禁止されている組織で育つ人が多い。若者がいきなり政治に興味を持つのは難しいと思う」と町田氏。

菅麻子氏は今年、Go Vote Japanを立ち上げ、人々が最も好きな問題を簡単にチェックして、それらの問題に関するグラフィックをオンラインで共有できるオンラインツールなど、さまざまなオンラインキャンペーンを通じてその沈黙を破りました。

彼は地元企業と提携してGoVoteMarketと呼ばれるオンラインストアを立ち上げました。そこでは、バイヤーは20代の投票率に基づいて割引を受けます。

「若者が政治に興味を持っていないことはしばしば却下されますが、政治的な言論が禁止されているような環境を作ることは社会の責任だと思います」とスージーは言います。 「日本では、若者が社会を変えることができると信じるのは非常に難しい。このシステムは設定されていて手に負えないようであり、彼らは自分で考えて決定する可能性が低い。」

©ワシントンポスト

READ  東京の高級スターバックスバタースコッチロッジをしばらくお楽しみください