9月 19, 2021

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

長野博物館は、日本の農業移民の困難と満州を結びつけています

長野県の山中にある博物館は、政府のプログラムの下で元満州に移住した約27万人の日本人と、日本の敗北後に彼らが耐えた苦難の物語を語っています。

2013年に開館した満州農業移民博物館は、長野県南部の山岳地帯にある6,300都市の山中にあります。 それは政府のプログラムの下で旧満州に移住した27万人の日本人の窮状を描写しています。 1945年8月、ソビエト軍が日本の支配下にあったとき、満州の入植者は飢饉、病気、そして死に直面するためだけに逃げようとしました。 博物館は彼らの歴史を保存し、生存者が若い世代と彼らの経験を共有するための場所として機能します。

戦争はもう嫌だ


北村エミー。

元移民博物館での定期的な講演の1つ。
元移民博物館での定期的な講演の1つ。

北村の8人の家族のうち5人だけが生き残り、日本に戻った。 日本が完全な動員に目を向けたとき、彼女の父は軍隊に参加しました。 日本の敗北後、彼はソビエトによってシベリアに埋葬されました。 彼は彼が最終的に韓国に移り、そこで亡くなったと信じていますが、彼女はまだこれについての決定的な証拠を見つけることができていません。 父親が軍に向かった日も、母親の追悼の言葉が聞こえると彼女は言う。「彼が戻ってくるとは思ってもみなかった」。

長野から満州へ

移民を募集するためのポスターの繁殖。
移民を募集するためのポスターの繁殖。

満州国の日本のおもちゃの状態からの旗
日本の傀儡国家である満州国から、元「青年開拓者連隊」のメンバーによって旗が持ち帰られました。

800の移民グループの結成を含む全国の人々がこの呼びかけに応えた 清正んエンギグン、または「ユースパイオニア連隊」、14歳から15歳までのメンバーで構成されています。 長野県の約3万人の住民が満州への移住を選択しました。 当時、日本の多くの農村地域は、大恐慌の初めに養蚕業が崩壊したことによる不足に苦しんでいました。 その結果、多くの地域コミュニティの地元の政治家や学者が満州への移住を積極的に推進しました。 長野では、移民の数が最も多かったのは、井田と下名の南部地区でした。

戦争孤児の帰還

博物館の近くには、満州に閉じ込められた子供たちを連れ戻すために精力的に働いた「中国の戦争孤児の父」と呼ばれる元大僧侶である山本慈昭(1902-1990)の寺院があります。 山本は1945年5月に満州に移住し、オーストラリアからの移民の学校教師として働きました。 3か月後にソビエト軍が侵攻したとき、彼は捕らえられ、シベリアに投獄されました。 1947年に日本に帰国したとき、彼は妻、娘、そして彼の若い学生の多くが日本の敗北後の混乱で殺されたことを知って荒廃しました。

残りの日本人移民を中国に送還し、死者の遺体を見つけて送還する試みは中止され、外交イベントは1958年にすでに不安定な日中関係をほぼ凍結させた。 テレサによれば、日本のグループは中国政府に敵対的な孤児の帰還を要請し、中国は鉱山労働者や建設労働者として強制的に日本に連れてこられた中国人の遺骨の返還に反対した。

山本は、関係を正常化するために、1963年に長野の天里町近くの広香ダムの建設中に亡くなった約80人の中国人労働者の遺骨を集め、彼らの魂のために仏教の追悼式を行った。 翌年、彼は彼らの遺骨を中国に持ち込み、そこで中国の周恩来首相と会談した。

誰も聞きたくない話

子供と女性の強制送還は2000年代にピークに達した。 2003年には、60人の元移民が、将来の世代と経験を共有したいと考えている「ストーリーテラー」のグループを結成しました。 近隣の市町村の支援を受けて、土地と資金が確保された2006年に、博物館の建設チームの希望は打ち砕かれました。 個人的に建てられ運営されていた博物館は、2013年にようやく開館しました。

戦後68年に建てられたこの博物館は、満州への移住の物語を専門とする唯一の施設です。 テレサは、この施設の実現は戦後の移民が直面する問題の頂点であると感じていますが、最終的には歴史に押し込まれる可能性があります。

博物館の社長、テレサ・ヒドフミ。
博物館の社長、テレサ・ヒドフミ。

しかし、一部の人にとっては、満州への移行の詳細は覚えたくないものです。 たとえば、日本の広東軍は、終戦前に高齢者、女性、子供などの移民グループを放棄したことで広く批判されてきました。 さらに、地元の指導者や教師は、移民への支援に遺憾の意を表明した。 戦後の元移民もまた、日本の中国侵攻における彼らの役割を後悔した。

元移民の息子であるテラゾバは、人里離れた山岳地帯で育ちました。 彼の父は、日本で彼らの新しい土地を開墾し、耕作するための彼の苦労は、彼が農場と家を日本人移民に引き継いだ中国の農民の悲しみと苦しみを完全に理解するのに役立ったと言うでしょう。 彼は息子に、日本で戦争に行くことで大きな間違いを犯し、地元の中国の農民は彼らの土地と家を彼らの価値のほんの一部で移民に売ることを余儀なくされたと語った。 「彼の言葉は私のボランティア活動の種をまきました」とテレサは言います。 「移民の苦しみの前に、日本政府による悪質な行為があったことを忘れてはならない」と語った。

ボランティアがストーリーを共有する

「私たちは満州に行き、政府にだまされて放棄されました」と長野市ナゴイに住むカニ・リッチロさん(89)は言います。 「私たちが地獄の戦争から撤退することができたのを目撃しました。」 戦争はカニが13歳のときに終わりました。その後、彼は自分の生存のために中国の家族と一緒に移住し、使用人として貧困の中で暮らしました。 1958年に日本に帰国したとき、彼は26歳でした。彼は地域の森林管理事務所で働き、その後、ヒノキの石鹸やその他の木製品を生産して成功を収めました。

カニは週末にできる限り美術館でボランティアをしています。 そこで彼は訪問者に満州への日本の移民の歴史的背景を教え、今日中国で亡くなった日本人移民の記念碑がある黒竜江省のFangjengへの国境からの彼の24日間の「地獄の脱出」について説明します。

カニリキチr。
カニリキチr。

カニはまた、戦後中国で苦しんだが、中国人は彼を親切に扱ったことを共有したい。 「満州国で日本が宣言した「5組合1組合」のスローガンはナンセンスだ」と彼は言う。 「明確な民族秩序がありました。日本人は一級市民、韓国人、中国人の順でした。中国人が反乱を起こしたのも当然です。しかし、満州には人間味のある人がたくさんいました。私のような人たち寛大に生き残った。

博物館の構造には、キツムラやカニなどのストーリーテラーとボランティアグループのピースラボが含まれています。 メンバーシップは長野の住民に限定されません。 メンバーは東京や関西地方から遠く離れており、一度に20人以上が勤務しています。 博物館では、ストーリーテリング、展示会、セミナーを開催しています。 また、毎年8月には、敷地内で残りの魂の儀式が行われます。 博物館は、元移民とその家族が集まる中心地です。

平和と友情の記念碑(左)、そして2016年11月の王室夫婦の訪問中の当時の天皇明仁による詩。
平和と友情の記念碑(左)、そして2016年11月の王室夫婦の訪問中の当時の天皇明仁による詩。

平和と友情の記念碑(左)、そして2016年11月の王室夫婦の訪問中の当時の天皇明仁による詩。

(もともと日本語で出版されました。石井正道による研究、テキスト、写真 日本.com。 バナー写真:満州への農業移民のための追悼博物館。 中国東北部を彷彿とさせるポプラの木の位置が左側に見えます。)

READ  Bitcoin Vault(BTCV)とESEがSkillzVault、最高のアマチュアゲーマーを探す「X-Factor」を開催