10月 20, 2021

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

野生に戻る:日本は48年間ほとんどの在来樹木を使用しています

東京-エピデミックの間、住宅建設産業は事実上停滞しているにもかかわらず、日本は昨年の1972年以来、地元で生産された木材の割合が最も高い。 理由-彼らはより広範な脱炭素運動の一環としてエネルギーのために燃えました。

しかし、48年で製材は自給自足になりましたが、業界の中には、日本の生産量をさらに増やすためにもっと多くのことをする必要があると言う人もいます。

日本木材産業連盟の関係者は、「樹木の成長と利用のサイクルを促進するために、木材の使用を増やす必要がある」と述べた。 「中高層ビルなどのセクターで新たな需要が見込まれます。」

2020年までに日本で使用される総量の41.8%を国産材が占め、年間4ポイント増加しました。 日本の木材の総生産量は2020年に0.5%増加して3,115万立方メートルになりました。 メートル

しかし、建設に使用される木材の生産量は10.3%減少して1580万立方メートルになりました。 メーターその年に建設されたのは、9.9%減の815,340戸の新築住宅でした。

「日本の自給率の上昇は不規則な現象です」と木材卸売業者の営業担当者は言いました。 「この専門分野の需要は、最近の企業スキャンダルの結果として大幅に増加しました。」

輸入材の供給も15%減の4,330万本でした。 商業住宅と住宅建設業者は外国からの購入を大幅に減らしましたが、製紙業界の需要は減少しました。

日本政府の目標であった木材建材の国内生産を増やす代わりに、自給自足は主にバイオ燃料の需要の増加によって推進されました。

生物は、成長するにつれて大気から二酸化炭素を吸収する植物で構成されているため、化石燃料よりも炭素の少ない供給源であると考えられています。 バイオ燃料プラントを含む木質燃料の生産量は、2020年までに28.8%増加して893万立方メートルになると予測されています。 脱炭素化の世界的な推進の真っ只中にあるメーター。

しかし、日本の木材市場は今年の初めから劇的に変化しました。 米国の住宅建設ブームは、ここではウッドショックとして知られる日本への輸出を後押ししました。 日本企業は現在、ギャップを埋めるために国産材を探しています。

10月1日に新しい法律が施行され、公共の建物だけでなく民間部門の建設でも木材の使用が促進されました。

現在、日本にはたくさんの木があります。 樹木を伐採するための伐採者が不足しており、林道がすぐに整備されていません。 処理プラントは、容量を拡張するために時間が必要になります。

1月から6月の間​​に、建設業界への輸出は約6250万立方メートルでした。 農林水産省によると、メートル。 この数値は1年前より1%高くなっていますが、コロナウイルスが発生する前の2019年の同時期よりも7%低くなっています。

日本のヒノキは現在23年間で最高価格であり、国内の材木供給が引き続き苦戦しているため、多くの購入者が利用することはできません。 日本の製造能力を拡大することは、国の自給率を高めるための建設部門にとって重要です。

READ  日本の指導者は、オリンピックは「世界統一の象徴」であると述べています