2月 29, 2024

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

野口日銀「日本はインフレによる賃金上昇率にまだ追いついていない」

野口日銀「日本はインフレによる賃金上昇率にまだ追いついていない」

2023年9月20日、東京の日本銀行本店に日の丸が掲揚される。 ロイター/加藤一成/資料写真 ライセンス権を取得する

[東京 12月3日 ロイター] – 日銀理事の野口朝陽氏は土曜日、最近のインフレ要因によるインフレ上昇により、日本は賃金上昇による物価上昇にまだ追いついていないと述べた。 非常に緩和的な金融政策。

日銀のウェブサイトに掲載された講演文は、野口氏が「世界的なインフレの影響が日本経済に及んでいるのは事実で、消費者インフレ率は2022年春から日銀の目標である2%を上回っている」と述べた。

同氏は、米国や欧州で見られる賃金主導の物価上昇とは対照的に、「(インフレの)上昇は主に輸入価格上昇に伴うコスト主導の要因によるものだ」と述べた。

野口氏は「2%のインフレ目標を達成するには、持続的な賃金上昇によるインフレが必要だ」と述べた。

同氏は「今年の春季賃金交渉は30年ぶりの賃上げとなったが、目標達成の可能性が見えてきた」と述べた。

インフレ率が1年以上日銀の目標である2%を上回っており、市場では中銀が来年金融引き締め政策を終了するとの期待が高まっている。

上田和夫総裁を含む日銀当局者は、持続的な賃金上昇に支えられ、インフレ率2%の安定した記録が見えるまで超緩和政策を維持する必要性を繰り返し強調してきた。

木原ライカさんによるレポート。 編集:ジョナサン・オーティス

当社の基準: トムソン・ロイターの信頼原則。

ライセンス権を取得する新しいタブを開きます
READ  エド・シーラン、日本での派手な夜遊びでたこ焼きを食べてファンを困惑させた