11月 28, 2022

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

遺伝子組み換え作物データ、味の素開発プロジェクト、植物ベースの抵抗性など

日本のGM食品:新しいデータは遺伝子組み換え製品の主張を「さらに支持する」-政府の調査

日本政府は、最新の全国調査で、遺伝子組み換え (GM) 食品原料作物が周囲の生物多様性に何らかのリスクをもたらすという証拠を発見せず、地域の食料供給において GM 食品がより広い位置を占めるべきであるという主張をさらに支持しています。

日本は2006年以来、大豆やナタネを含むGM食用作物の研究を行っており、最新の2020/2021報告書は、これらのGM作物の栽培は地域の生物多様性にリスクをもたらさないと結論付けています.

「私たちはGM作物の栽培現場を調査し、これらの作物のサンプルを収集して、現場から5キロ以内に生育する同種の非GM作物と比較しています。 [in order to] 遺伝物質のクロス オーバーが発生したかどうかを調査します。日本の農林水産省(MAFF)は公式声明で述べた。

アミノ酸の適応:味の素は、リーダーシップの交代後、代替タンパク質と冷凍食品の開発を目標としています

日本の食品大手、味の素は、今年初めに新しいリーダーシップの役割を引き受けて以来、最初の公開レポートで、代替タンパク質と冷凍食品を同社の主要な成長戦略の2つとして挙げました.

味の素は、今年 1 月に新しい社長兼 CEO である藤江太郎をその地位に選出し、最近、彼のリーダーシップの下で、従来の「統合レポート」から「ASV レポート」にブランド変更された最初の年次報告書を発行しました。 ASV社。 戦略「共通価値を創造する味の素グループ」。

抵抗と否定:日本人は植物性タンパク質の波に乗りたがらない – CEO

代替卵会社 UMAMI United の CEO 兼共同設立者である山崎博人氏によると、世界および地域の植物性タンパク質ブランドは、現時点で日本への参入を計画している場合、一時的な混雑に直面する準備をしておく必要があります。

READ  中国と日本が卓球世界選手権新華社の女子決勝で対戦