6月 18, 2024

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

遭難警報!  March Madness で 11 シードが新しい 12 シードになった経緯

遭難警報! March Madness で 11 シードが新しい 12 シードになった経緯

マーチ マッドネスを気にしている人、本当に気にしている人は、近年の傾向に気づいています。

近代トーナメント時代の最初の 30 年間(1985 年から 2014 年)、3 年(1988 年、2000 年、2007 年)を除くすべてのシード 12 チームのうち少なくとも 1 人が 1 回戦で勝利しました。 この期間中、第12シードは第11シードよりも多くの1回戦で勝利しただけでなく(44対41)、より頻繁にスウィート16に進出した(20対17)。

だからこそ、何年もの間、12番が第1ラウンドで5番を破り、おそらく第2ラウンドでも再び勝利するということが、括弧内を埋める人々にとって驚きだったのです…そしてそれは理解できます。

その30年間で、第12シードよりも何度もスイート16に進出したのは、第1~6シードと第10シードだけだ。 このため、1 つか 2 つのゲームに勝つためには、少なくとも 12 シードを 1 つ選ぶ価値があります。

それはもうそれほど確実ではありません。 最近のデータは、代わりに入門書に注目する時期が来たかもしれないことを示唆しています。

彼は遊ぶ

0:48

ノースカロライナ州立ウルフパック男子 NCAA トーナメント プレビュー

ジョー・ルナルディは、ノースカロライナ州立大学の NCAA トーナメントの見通しについて予想を分析します。

12 年の秋

第12シードのこの選手は、30年間で1回戦で勝てなかったのはわずか3回で、過去8大会中3大会で敗退している。

2015年以降、上位12シードは第5シードに対して9勝23敗(勝率.281)で、過去30年間の勝率37%から低下している。

第1ラウンドで勝った9人のうち、次の試合に勝ったのは2人だけだった。 この期間でスイート 16 の出場が少ない唯一のシードは、第 13 シード、第 14 シード、および第 16 シードです。

それは、第12シードがそのモジョを取り戻すことができないと言っているわけではありませんが、最近の歴史は、騒ぎを起こしてトーナメントの第2週に進む可能性が最も高い人々はパワーカンファレンスから来ていることを示しています。

過去10大会でスイート16に進出したシードはPac-12からのシード12校のみ(2021年はオレゴン州立大学、2013年と2019年はオレゴン州)で、いずれも選考候補となるカンファレンストーナメントで番狂わせを招いた。盗賊の日曜日。 非パワーカンファレンスの第12位が最後にスイート16に進出したのは2011年のリッチモンドだった。

たとえ12位フィニッシュに向けて順調だったとしても、スイート16を通過するのは厳しいソリだった。

歴史上、第12シードでエリート8に進出したのは、前述のオレゴン州チームと2002年のミズーリ州の2チームだけだ。彼らはまた、スイート16の対戦で第8シードと対戦した唯一の12シードでもある。 スイート16で第12シードと対戦した他の20回は第1シードと対戦しなければならなかったが、それが彼らにこれ以上の進出を求めるのが難しい理由を説明している。

彼は遊ぶ

0:37

ニューメキシコ州ロボス男子 NCAA トーナメント プレビュー

ジョー・ルナルディがニューメキシコ州のNCAAトーナメントの展望について予想を分析します。

11 は新しい 12 です

シンデレラのスリッパは、第 11 シードの足に快適にフィットします。

まず第1ラウンドから始めましょう。このラウンドでは、11シードが第6シードに対して2015年以来の勝利記録を持っています(17勝15敗、.531)。これは、過去30年間(.342)とは顕著な違いです。

しかし、一見ありそうもないように見えるこの種はどこまでできるのでしょうか?

選択する際に守るべき括弧内の事実を探している場合は、次のサイズを試してみてください。

スイート 16、エリート 8 が多いのはシード 1 ~ 4 のみです。 または ここ4試合は68チーム時代(2011年以降)で11番目に多い。 はい、そうです。 この期間12大会中5回、 いくつかの 11シードがスイート16に進出したが、それ以前の1985年以来の出来事だった。

ナンバー11選手の相対的な成功(ファイナルフォーに進出した3回を含む5回のエリートエイト遠征)を読むと驚くかもしれないが、タイトル戦に進出した選手は1人も見たことがない。 すべての良いことは本当に終わりを迎える必要があるようです。

彼は遊ぶ

0:33

オレゴン ダックス 男子 NCAA トーナメント プレビュー

ジョー・ルナルディがオレゴン州立大学の NCAA トーナメントの展望について予想を分析します。

なぜこの傾向が続くのか

トーナメント フィールドが 64 から 65、そして 68 に拡大されると、より多くの一般入札が発生しました。 基本的に、これらの超ビッグチームは、毎年トップ 4 に入るチームです。 これらはブラケット学用語で言えば「最後の 4 つ」であり、ほとんどの場合 11 個のシードになります。

2015 年以来、トップ 4 に出場する全体 32 チームのうち 30 チームが第 11 シードであり、全体で 1 位から 4 位までの 1 チームが、12 トーナメント中 11 で 1 回戦で勝利を収めています。全部11個の種子でした。 上位 4 位の参加者の 1 人は、この期間中に 5 回スウィート 16 に進出しており、そのうち 2 回はファイナル 4 に進出しています (2021 年の UCLA、2011 年の VCU)。 ご想像のとおり、両方とも 11 個の種子を持っていました。

それはたった11個の種です 最初の 4 つ、68チーム時代には他の9人の第11シードがスイート16に進出した(そのうち2人がエリート8に進出)。

2024 年のマーチ マッドネスのブラケットに記入するとき ESPN男子チャンピオンシップチャレンジNCAA トーナメントでは吸収すべき事実がたくさんあります。 ESPN カレッジ バスケットボール チームは、Big Dance プレビューで毎日をカバーしています。

READ  アトランタでのダニエル・スアレスの驚異的なトリプルワイド勝利は、2022年にトラックが再設計されたときにNASCARが求めていたハイライトを与えた