12月 4, 2022

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

過去と現在:サッカー日本代表ワールドカップユニフォーム

サッカー日本代表のユニフォームは、日本文化やピッチでの活躍への想いが込められたデザインで注目を集めています。 カタールで開催された 2022 FIFA ワールド カップで男​​子チームが着用したジャージは、折り紙の古代芸術から借りることで、この伝統に従います。

折り紙は信仰を象徴する

日本サッカー協会は、カタールで開催される FIFA ワールド カップでプレーするサッカー男子代表チームの新しいキットを最近発表しました。 3 年ぶりに更新されたキットは、2022 年 9 月 23 日にドイツで開催された親善試合のアメリカ戦でデビューしました。

ユニフォームのコンセプト 折り紙、日本の折り紙の芸術。 日本と韓国が共催した 2002 FIFA ワールド カップの決勝戦で、古代の技術の側面を取り入れるインスピレーションが始まりました。 大会終了時点で約300万 オリシュル横浜国際総合競技場(現日産スタジアム)では、優勝チームを祝福する折り鶴が空を舞いました。

祈りの象徴として、折り紙は幸福と成功の両方をもたらします。 さらに、折り畳まれた紙の山と谷は、日本チームが何年にもわたって進化してきた高低を反映しています。


2022年のナショナルチームのユニフォームはadidasがデザインし、ホームゲームで日本男子と女子チームが着用しています。

トラディショナルなホームゲームのユニフォームは青を基調としています。 ジャージの前面には、折り方の線と手順を示す折り紙のイメージがあしらわれています。 以前のユニフォームからの大きな変更点は、日の丸の配置です。 以前は左胸のチームクレストの上に追加されていましたが、肩の間のジャージの後ろに移動されました. アディダス ジャパンは、日本に対するチームの責任を表し、サポーターからの支持を示すことを意図していると説明した。

選手番号も白から黄色に変更し、テレビやスマートフォンでの視認性を高めました。

ユニフォームは、2011年のAFCアジアカップ・カタール大会で日本が優勝したときにチームが着用していたユニフォームから、襟の内側に赤いパネルを入れるなど、いくつかの変更が加えられています.
ユニフォームは、2011年のAFCアジアカップ・カタール大会で日本が優勝したときにチームが着用していたユニフォームから、襟の内側に赤いパネルを入れるなど、いくつかの変更が加えられています.

アウェー戦のユニフォームは、初めて白ジャージと黒パンツで構成されます。 ホームゲームのユニフォームと同様に、袖を中心にアナグリフ折り紙のデザインを採用し、青に赤を重ねて立体感を演出しています。

日本のアウェイ キットは、多層折り紙のデザインが特徴です。
日本のアウェイ キットは、多層折り紙のデザインが特徴です。

新ユニフォームについて聞かれたMFの南野拓実選手は、「日本の青を着てピッチで戦えることを誇りに思う」と語り、選手たちに全力を尽くす気持ちを与えたデザインだと付け加えた。

チームメイトの浅野琢磨選手は、ユニフォームのデザインに折り紙を使用したことを称賛しています。 高校時代に卒業生から全国大会の縁​​起物として折鶴をもらったことを思い出し、折り紙の力を信じていると語る。 「これにはフォルダの信頼が関係しています」と彼は宣言します。 「そのエネルギーでプレーすることを楽しみにしています。」 彼は、デザインがチームの長い伝統と遺産を家に持ち帰ると言います. 「チームの勝利に貢献するために全力を尽くすことが、私をやる気にさせてくれます。」

南野拓実が新代表ユニフォームを披露。
南野拓実が新代表ユニフォームを披露。

過去のユニフォームを振り返る

男子代表はユニフォームの色からサムライブルーと呼ばれています。 名前は比較的新しい発明ですが、チームは 90 年以上にわたって青いキットを着用しています。

日本がワールドカップに初めて参加したのは、1998 年のフランス大会でした。 大会でチームが着用したユニフォームは、日本企業のアシックスがデザインしました。 1999 年、JFA は、2002 年のワールド カップ以来、すべてのキャンペーンでチームのユニフォームを提供してきたスポーツウェア会社のアディダスと契約を結びました。

1998 FIFA ワールドカップ フランス (結果: グループステージでノックアウト)

キットの愛称は不動明王の後ろに飾られた炎に似せたスリーブのデザインにちなみ、炎のユニフォームと呼ばれています。

1998年のワールドカップでアシックスがデザインしたユニフォームを着た中田英寿選手。  (© 共同)
1998年のワールドカップでアシックスがデザインしたユニフォームを着た中田英寿選手。 (© 共同)

2002 FIFA ワールドカップ 日韓 (結果: ラウンド 16)

コメント:富士山

和の美を表現したシンプルなデザインです。 首元から両袖にかけて伸びるパイピングは、湖面に映る富士山を表現。

2002年ワールドカップに向けて
2002年ワールドカップの「富士山」ユニフォーム。

2006 FIFA ワールド カップ ドイツ (結果: グループ ステージでノックアウト)

コメント: ソードフューリーモード

日本チームのために作られたサムライブルーにインスパイアされたデザインは、日本刀の伝統と技術を取り入れています。 日本を取り囲む海の紺碧を背景に日本刀の刃に現れる波打つムードが、空の淡いブルーへと昇り、世界を表現しています。

2006年ワールドカップに向けて
2006年ワールドカップの「ソードテンパー柄」ユニフォーム。

2010 FIFA ワールドカップ 南アフリカ (結果: ラウンド 16)

コンセプト:革命の翼

日本が準決勝に進出するという岡田武監督の信念をもとに、「革命の翼」をデザインに取り入れました。 ジャージのフロントは翼をイメージ ヤタカラスJFAのロゴに登場する、日本神話に登場する三本足のカラス。 首の赤いパッチも影響を受けました。 チームには、異なるピッチとプレー スタイルに合わせて 2 つのジャージがありました。

2010年ワールドカップに向けて
2010年ワールドカップの「Wings of Revolution」ユニフォーム。

2014 FIFA ワールド カップ ブラジル (結果: グループ ステージでノックアウト)

コンセプト:円形造形

このユニフォームのデザインは、選手とサポーターの両方を含む円形をコンセプトにしています。 背面には、チームメンバーがサポーターとチームを組むときに形成される巨大な円を表すネオンカラーのラインが特徴です。 胸の記章からは 11 本のラインが伸びており、フィールド全体に広がるチーム メンバーを表しています。

2014年ワールドカップに向けて
2014年ワールドカップの「円形フォーメーション」ユニフォーム

2018 FIFA ワールドカップ ロシア (結果: ラウンド 16)

コメント: 勝ち色

ユニフォームは、勝利を象徴する伝統的な藍色である「ジャパンブルー」に戻りました。 キルティングは、ロシア大会でチームを鼓舞することを願って、日本サッカーの遺産に基づいて構築された選手、スタッフ、サポーターの願望をステッチに基づいて結び付けています. Vネックは、日の丸の赤い勝利の色で飾られたサムライドレスのフロントを連想させます.

2018年ワールドカップから
2018年ワールドカップの「ウイニングカラーズ」ユニフォーム。

その他の制服:くまモン

ロシアでのワールドカップ期間中、JFAはチームにジャージを提供しました くまモン熊本県のシンボルである は、国内外で人気があります。 くまモンのTwitterハンドルネームの背番号55です。

2018年5月17日、熊本県庁で熊本のサッカー関係者が参加し、くまモンが日本代表ジャージを披露した。  (©GG)
2018年5月17日、熊本県庁で熊本のサッカー関係者が参加し、くまモンが日本代表ジャージを披露した。 (©GG)

その他ユニフォーム:スキーコレクション

日本ワールドカップで着用されたユニフォームとは別に、アディダスはチームにより良いデザインと機能性を提供することを目的として、他のユニフォームをデザインしました.

その好例が、日本の鮮やかな青空の色を連想させる2020-21ユニフォームです。 それは、雲ひとつない空に5つの青の色合いの「空のコラージュ」を使用して、プレーヤーとサポーターをあらゆる方向から見ている空の概念から進化しました。 ジャージの後ろはスカイブルーの単色でした。

東京オリンピックでチームが着用した
フォワードの久保建英が東京五輪で着用した「スカイコラージュ」ユニフォームを披露。 日本の伝統的な木版画に見られるモチーフを借りて、ファンの間でセンセーションを巻き起こしました。

(原文日本語。声明と本文) 日本ドットコム. バナー写真: 2022 年 9 月 23 日、ドイツのデュッセルドルフで行われた米国との親善試合の前に、「折り紙」のユニフォームを着てポーズをとる日本代表チーム。 ©GG。 (特に断りのない限り、すべての写真 © アディダス ジャパン)

READ  日本の配当最愛の人は投資家にスムーズな乗り心地を提供します