5月 28, 2024

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

遅れたチャージが日本のスーパースター松山英樹にジェネシスインビテーショナルで勝利をもたらした

遅れたチャージが日本のスーパースター松山英樹にジェネシスインビテーショナルで勝利をもたらした

松山英樹は日曜日のジェネシス・インビテーショナルで2年間のタイトル待ちに終止符を打ち、PGAツアー通算9勝を挙げ、アジアで最も成功したゴルファーとなった。 彼は日曜日の結果が出るまで8タイトルで並んでいた韓国のKJ Choiとのタイを破った。

31歳の松山は、昨夜の首位パトリック・キャントレーに6打差をつけられて最終ラウンドに臨んだが、ロサンゼルスのリビエラ・カントリークラブでスリリングな9アンダー62をマークし、史上最高のラウンドの1つをまとめたとPGAツアーは発表した。 ワイヤーではウィル・サラトリス(66勝70敗65勝69敗)とルーク・リスト(65勝69敗68勝68敗)を大きく上回っていたが、キャントレーは1オーバー72で64のカードを出して4位タイとなった。 65と70。

松山の9バーディラウンドは、リビエラでの無傷のカードでの最終日のスコアとなり、残念なタイトル獲得の憂鬱に終止符を打ち、大会ホストのタイガー・ウッズからトロフィーを逃したという彼の唯一の失望となった。 病気に。

「ご存知のとおり、このトーナメントで優勝することはプロになってからの私の目標の1つでした。 タイガーがホストになってから、その目標はさらに大きくなりました。 今日はタイガーと一緒に写真を撮ることができなくて少し残念だった」と2021年のマスターズで優勝し、日本男子初のメジャーチャンピオンとなった松山(69勝68敗68敗62分)は笑った。

ウッズは、1987年のチャイニーズ・タイペイのTCチェンナイに続き、ジェネシス・インビテーショナルで優勝した2人目のアジア人である新シグネチャーイベントチャンピオンを祝福した。 「一日中見ていたが、彼が記録となる62を打って6打差から逆転する姿は本当に特別だった」とアメリカのレジェンドは『X』に投稿した。

「ボールはあまりうまく打てなかったが、今週はパッティングとチッピングがとてもうまくいった。特に15番は、セカンドショットはおそらくこれまでで最高のショットのひとつだった。飛距離は184ヤードだった」松山は後に世界ゴルフランキング(OWGR)で55位から20位に上がるだろうと語った。

「怪我以来、毎週何か悪いことが起こるのではないかと心配していました。 今週は何の問題もなく、安心してプレイできたので本当に助かりました。 首が痛かった。 本当に長い間悩ましい事でした。 今年に入ってからは、どんどん良くなってきています。 寝ていてもストレスを感じないので、今年は何か良いことができそうな予感があったと思います。

昨シーズン、松山の2022年ソニー・オープン・イン・ハワイでの素晴らしい成績は喜びをもたらした。 長引く首の負傷により、2023年のプレーヤーズチャンピオンシップ以来トップ10から遠ざかっていたが、最終ラウンドでは絶妙なショットメイクを披露し、待望の優勝を果たした。

「私の大きな目標の一つは、KJ Choi選手を追い抜いて9勝することです。 8勝目を挙げた後、私は怪我に悩まされてきた。 もう二度と勝てないのではないかと思うことが何度もありました。 400万ドルを獲得した松山は「トップ10に入るのに苦労したが、今日勝つことができてとてもうれしい」と語った。

松山は日曜、18インチ、22フィート、18フィートからのコンバートで3連続バーディでスタートした。 32番でターンを終えると、10番ホールでもバーディのハットトリックを達成し、12番では46フィートの巨大なバーディパットを決めた。 その後、リビエラで見られたベストショットの 2 つ、難しい 15 番ホールへの 6 アイアンからのアプローチと、パー 3 の 16 番ホールへのきれいなティーショットで、どちらのショットもピン手前で止まり、重要なバーディを獲得しました。 17番パー5で9つ目のバーディを奪い、62で締めて最終グリーンでガッツポーズを決め、通算17アンダーで優勝した。 ザラトリスとリストは最終的に14歳未満だった。

カナダのアダム・ハドウィン、キャントレー、パーが13アンダー271で4位に入り、韓国のビョンホンとキム・ジュヒョンがそれぞれ16位と24位でアジアトップとなった。 ジェネシスインビテーショナルで日本勢初の優勝を果たした松山に次いで、ザラトリスはキャリア69試合の出場中5度目の準優勝を獲得し、そのうちの1試合は2021年のマスターズで日本人選手に戻ってきた。

こちらの記事もお読みください:スマッシュがタッグイベントを制し、グリッティ・ジョンソンがラスベガスを制圧

READ  黙食や「木食」で孤独を学んだ