2月 2, 2023

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

財務省は日本を必要としない | フィナンシャル・タイムズ

この投稿はもともと、日本の投資家がここ数か月で国債の売却をどのように削減したかについてのものでした。 その後、日銀が発表 年末の大サプライズ!

日銀は、国債利回りが以前のように 4 分の 1 の範囲ではなく、0.5 パーセントの範囲内で変動することを許可することを決定しました。 市場はあなたが期待した通りに動きました 驚くべき引き締め – しかし日銀の黒田東彦総裁 彼は動きがきついことを否定した – ドルに対して円が上昇し、格付けの高い国債や社債が急落。

これは、日本の投資家が利回りを求めて自国市場に撤退することをトレーダーが信頼すべきであることを意味するのでしょうか? 日本の投資家は米国外の国債をより多く保有する傾向があるため、これは米国債にとっては悪いニュースです。

必ずしもそうとは限りません、と Oxford Economics は言います。

まず、通貨のボラティリティが高まると、外国為替ヘッジの費用が高くなる可能性があります。 第二に、国債利回りはすでに国債利回りとともに上昇しているため、通貨調整後の利回り差は以前と同じままです。 火曜日から 注:

日本は 1 兆 4,000 億米ドルの米国債を保有しており、米国債の最大の外国保有国ですが、これが米国の利回りの見通しを根本的に変えるとは考えていません。 グローバルな利回り調整は、純額では、為替ヘッジ利回りと国内国債利回りが大幅に変化していないことを意味し、国債への大規模な資本還流は起こりそうにありません。 それが今日の米国利回りの持続的な動きにつながるとは考えていません。

実際、米国以外の投資家は年間を通じて米国債を売却していると、バンク・オブ・アメリカは月曜日のメモで述べた。

最近、外国の売りは弱まっているが、同行のストラテジストは、米国の利回りが11月のピークから引き下げられたのは、国内の投資家ではなく、世界の投資家が原因だと考えている。 銀行から:

中央銀行と日本の財務省からの週次データに基づくと、外国人投資家と銀行からの売りは控えめに見えます。 タイムゾーン分析によると、11 月の金利上昇は主に NY の取引セッション中に発生したことが示唆されており、国内口座が買いを支配していた可能性があることを示しています。

米国の投資家 (ミューチュアル ファンドと TK) は、第 3 四半期に TK が減少しました。 当時の外国の買い手は中国とイギリスの投資家であり、日本の投資家は純売り手でした。

これは、最近のレポートで高頻度のデータから観察されたテーマと一致しています。 TIC データは、第 3 四半期の外国の入札が外国の個人投資家からのものであることを示唆しています。 英国と中国 + ベルギーが最大の個人の買い手であり、日本が最大の売り手です。 確定給付型私的年金は、今年の前半に行われた購入と一致して、約 150 億ドルの購入者でした。

バンク・オブ・アメリカによると、日本の投資家は今年、カナダ以外の先進国市場で最悪の米国株式プレミアム(為替ヘッジ後)を受け取った。 円がドルに対して上昇するにつれて、それは変わる可能性があります。 しかし、日本のバイヤーが米国に現れなかったとしても、それがどれほど重要かは不明であり、おそらく 2022 年には現れないでしょう。

READ  日本での元カナダパラリンピックコールも含める必要があります