6月 20, 2024

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

負傷により、日本のワールドカップフルメンバー発表が遅れる

負傷により、日本のワールドカップフルメンバー発表が遅れる

火曜日、日本代表のジェイミー・ジョセフ監督がフランスで開催される今年のラグビーワールドカップに向けたメンバーを指名した際、トライアウトに参加したが、負傷により33選手中30名しか指名できなかった。

バックローフォワードの姫野和樹が率いるこのチームは、最近のパシフィック・ネイションズシリーズとオールブラックスXVとの2つの練習試合に出場するために選ばれたチームをベースにしている。 しかし、これらの試合での負傷、特に2列目フォワードの負傷により、ジョセフは最後の3選手を追加する前に、8月21日のトーナメント期限まで待たなければならないことになった。

負傷中のワーナー・ダーンズ選手(肩と足首)、ウーヴェ・ヘル選手(肩)、アマト・ファカタワ選手(足)が2列目でプレーできるため、追加トリオとなる可能性がある。

しかしジョセフ氏はまた、たとえフィジー戦でのレッドカードの影響でワールドカップ開幕戦を欠場したとしても、ピーター・“ラピス”・ラブシャニュの起用を考慮するとも述べた。

「世界の他のチームと同じように、私たち全員の目標はワールドカップに行って優勝することだ」とジョセフは語った。 「前回はベスト8に進出して世界を驚かせた。フランスに行くのはまた違う挑戦だが、目標は同じだ。準々決勝まで進めば、何が起こってもおかしくない。」

ラグビー日本代表ヘッドコーチのジェイミー・ジョセフ(C)が、2023年8月15日に東京で開催されるフランスワールドカップに向けた代表チームについての記者会見で語る。 (京都)

この夏、わずか1勝4敗にもかかわらず、ジョセフはさらなる選手招集に抵抗しており、バックローフォワードのテビタ・タタフとベテランサイドバック山中亮平を外し、ウイングのロマーノ・ラヴァ・レマキを唯一のサプライズ補強として加えた。 幅広い練習グループ。

バックローのリーチ・マイケルとフッカーの堀翔大はともに4度目のワールドカップ出場となり、プロップの稲垣啓太とアウトサイドバックの松島幸太朗はラグビー最高峰のイベントに3度目の出場となる。

最も経験の浅いスクラムハーフの福田健太や、テストに一度しか出場していないウインガーの福井翔太を含む17人の選手がワールドカップデビューを果たす。

ジョセフと彼のチームは、フランスに向かう前に、8月26日にトレヴィーゾでイタリアとの最後の強化試合を行う。

ブレイブ・ブロッサムズは9月10日にトゥールーズでワールドカップ初出場のチリと対戦し、プールDの開幕戦を迎える。 その後、9月17日にニースで2003年チャンピオンのイングランドと対戦し、その後トゥールーズに戻って9月28日にサモアと対戦し、10月8日にナントでアルゼンチンと対戦する。


チームジャパン

小道具

稲垣啓太、クレイグ・ミラー、シオン・ハラシリ、ク・ジウォン、垣永慎之介、アゼリ・イ・ワル

売春婦

堀翔大、坂手篤史、堀越耕介

ロック

ジェームズ・ムーア、ジャック・コーネルソン

取り寄せ

ベン・ガンター、姫野和樹、福井翔太、リーチ・マイケル

スクラムハーフ

斉藤直人、流裕、福田健太

Eハーフ

ジャンベ・小倉、イ・スンシン、松田力也

センター

長田智樹、中野省吾、中村亮土、ディラン・ライリー

ジョアン・ニャカブラ、キオシア・フィフィダ、セミシ・マシレワ、ロマノ・ラヴァ・レメキ

戻って渡って

松島幸太朗


関連報道:

ラグビー:ジョセフは2024年にラグビー部長としてハイランダーズに戻る

ラグビー:14人のブレイブ・ブロッサムズがフィジーへ遠征

ラグビー:ブレイブ・ブロッサムズは独自ブランドのフィジー・マジックを披露しようとしている


READ  川崎重液化水素運搬船が日本からオーストラリアに向けて出発