5月 23, 2022

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

調査:台湾の日本への愛情は記録的な高さに達する

台北-調査によると、日本は台湾人の中で再び最も愛されている国であり、彼らが友情を育んでいきたい国です。

台湾の日本大使館に相当するとされる日台交流協会の台北事務所が2008年度から1月に実施した調査は7回目です。

20〜80歳の約1,000人の台湾人に同様の質問をします。

一番好きな国や地域を尋ねると、回答者の60%が日本を選び、2018年度の前回の調査で日本を選んだ59%を上回っています。

また、46%の高い割合が、彼らが最も友好的になりたい国または地域として日本を選びました。 2018年度の調査では37%でした。

中国は2番目に「望まれる国または地域」ですが、2018年の会計調査では8%から5%しか選択されていません。

回答者の24%は、台湾人が最も友好的であるべき国または地域として15%から米国を選択しました。 このカテゴリーでは、米国は日本に次ぐ第2位です。

他のポストは、日本の前向きな台湾の見解のために設定されました。

70%が、日本と台湾は現在良好な関係を維持していると述べ、2018年度の調査から17%ポイント増加しました。

日本は信頼できる国だと答えた人の割合は60%に達し、前回の調査の50%から過去最高となった。

2018年の財政調査に続いて、日本政府は流行中に台湾にCOVID-19ワクチンを提供しました。

中国が昨年台湾のパイナップルを禁止した後、日本も輸入を増やした。

日本によるこれらの動きやその他の動きは、台湾からの日本に対する前向きな見方につながった可能性があります。

最近の調査結果はまた、中国に対する台湾人の感情が冷えていることを明らかにしました。

中国との友好関係を維持することを選択したのはわずか15パーセントです。

これは、前回の調査で中国を選び、3位にランクされた31%の半分未満です。

この質問で中国が米国よりも低い得点を挙げたのはこれが初めてです。

台湾で最も影響力のある国や地域を誰が選ぶかを尋ねたところ、中国を選んだのはわずか25%で、前回の45%よりも大幅に低くなっています。

繰り返しになりますが、米国は初めて中国をこのカテゴリーで第1位にランク付けしました。

前回の調査の33%から、58%が台湾で最も影響力のある国として米国を選択しました。

13%が日本を選び、前回の調査の15%からわずかに減少しました。

READ  日本で暗くなったら、ウォッカのペンライトをいくつ逃がす必要がありますか?