12月 9, 2022

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

観光が再開されて以来、外国人観光客が日本に群がりました

日本への外国人旅行者数は、2年以上のCovid制限の後、外国人旅行者に完全に再開してから2年以上、10月に50万人近くに急増し、9月の数を2倍にしました.

日本は 10 月 11 日に世界で最も厳しい国境管理の一部を終了し、岸田文夫首相は、特に円がドルに対して 32 年ぶりの安値を記録したため、経済を再活性化するために観光に期待しています。

日本政府観光局によると、10 月の観光とビジネスの両方の外国人旅行者数は 498,600 人に増加し、9 月の 206,500 人の 2 倍以上になり、前年比で 2,155% 増加しましたが、2019 年は 80% 減少しました。 .

2019年の3180万人から今年は152万人の外国人観光客が到着し、夏季オリンピックまで延期された政府の目標である4000万人をはるかに下回っている。

政府は年間5兆円(358億ドル)の観光支出を呼び込むことを目指しているが、岸田氏は、それがパンデミックの間に衰退したセクターへの架け橋になる可能性があると述べた. ホテルの雇用は、政府のデータや、仕事を見つけた他のサービス労働者によると、2019 年から 2021 年の間に 22% 減少しました。

中国人観光客が戻ってくるまで、大きな利益を得ることは難しいでしょう。

2019 年に 950 万人の中国人が日本を訪れましたが、これはすべての訪問者の約 3 分の 1 ですが、中国で Covid-19 が蔓延する中、文化観光省は火曜日に、国境を越えた団体旅行はまだ停止されていると述べました。

他の傾向はより有望です。

オンライン予約サイト Agoda でのホテルのインバウンド検索は、主に韓国、台湾、香港、シンガポールからの顧客によって、1 月から 10 月の間にほぼ 16 倍に増加した、と日本に拠点を置く会社の北アジア責任者である岡浩人氏は述べた。

「我々は円安を前向きに捉えている」と語った。 「検索が多いのは円安が進んでいるためだと思う」

業界団体の日本国際クルーズ委員会(JICC)によると、日本は火曜日に、2023年3月からクルーズ船に港を再開し、来年は約166隻の船が訪れると予想されている.

カーニバルコーポレーションCCL.Nのダイヤモンドプリンセスは、2020年初頭にコロナウイルス感染の最初のセンターの1つになった後、日本のクルーズ船に閉鎖され、JICCの堀川悟社長は、乗客の安全を守るためにあらゆる措置を講じると述べた.

「近い将来、船内および港ですべてのお客様をお迎えできることを楽しみにしています」と彼は言いました。

トップ画像:東京の上野商店街。 クレジット: 野木和宏/AFP/Getty Images

READ  サッカー-日本の板倉が1年間のローン契約でシャルケに移籍