12月 7, 2022

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

親愛なる日本へ、Dances with Wolf は役に立ちません。

[Photo/VCG]

日本は米国からの指示を受けて、中国への半導体技術の輸出を制限することを検討していると伝えられている。

歴史を簡単に忘れてしまう人もいます。 1970 年代、日本の半導体産業は現在よりもはるかに大きな規模に成長しました。 ソニーのウォークマンを見せびらかすことは、欧米の若者の間で非常に人気がありました。 メイド・イン・ジャパンのラベルは、半導体製品の成功への確実なショットとなりました。

予想通り、米国はあまり満足せず、すぐに外交、貿易、その他の手段を講じて、日本に 1986 年の日米半導体協定への署名を強要しました。 5 年以内に市場シェアの 20% を獲得しました。

反ダンピング措置と高い関税のおかげで、日本はそのシェアを1988年の50.3%から2019年には10%に減らすことができました。 世界の半導体企業トップ10のうち、日本企業の数も5社から1社に減少した。 . 現在、日本製のスマートフォンを見つけるのは困難です。

今日でも、日本の外務省のウェブサイトでこの条約の細字を読むことができます。 しかし、自国の外交問題で大きな発言権を持っている一部の日本の役人は、この歴史を忘れているようです.

日本は、オオカミが人を襲って肉を食べるのが本性であることを覚えておく必要があり、オオカミと踊ってもそれは変わらない. 米国は常に技術分野での優位性を維持しようとしてきたため、日本、フランス (Alston)、ドイツ (Siemens)、中国 (Huawei) は代償を払わなければなりませんでした。 アメリカがチャンピオンで、常に次点を抑えようとしているというジョークさえあります。

日本にとっての 1 つの選択肢は、半導体産業をより公平で、クリーンで、より透明なものにするために、米国の支配を受けている他の国と手を組むことです。 しかし、いじめっ子の側に立ち、他の被害者から利益を得る決心をしたようです。

米国のフラッグキャリアになることは、少なくとも半導体産業において、日本が自尊心を失うことになり、その利益は十分に保護されないだろう. 日本は自分自身と隣人のために歴史に目を向けなければなりません。

READ  日本のアコーホテルが最大 25% オフ