10月 21, 2021

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

西日本の遊園地の土砂崩れで6人が負傷

日曜日、西日本の兵庫県で5階建ての建物の一部が3階から2階まで約2.4メートル落下して倒壊し、6人が負傷した。

大阪府出身の24歳の男性と27歳の女性が股関節骨折を患い、警察は月曜日に専門家の過失の疑いで現場で捜査を開始するよう促した。 重力

2021年10月11日に京都ニュースヘリコプターから撮影された写真は、京都県京都の道場湖おもちょこ公園での墜落事故で迷路が重力を起こしているところを示しています。 (京都)

7歳の少女を含む4人が軽傷を負った。 重傷を負った男性の1歳の娘も転倒したが、けがはなかった。

午後2時に墜落したとき、2階には人がいなかったという。

加藤の道場子同質公園は月曜日から木曜日まで休園します。

公園は、「被害者に必要なケアを提供するとともに、事故の原因を特定し、再発を防ぐために行動を起こすために、できる限りのことをする」と述べた。

重力の3階の一部(幅約1メートル、長さ2.3メートル)は、木製の土台を支える梁が移動した後、崩壊しました。

公園によると、毎日行われている重力安全テストは、2000年7月にオープンした公園で2013年4月に迷路を開きました。

「施設の多くの部分が老朽化しているように見えるので、このような事故はいつでも起こり得ると思いましたが、実際に起こったことに驚きました」と迷路は多くの子供たちでいっぱいだったので、20代の女性オブザーバーは言いました。

日曜日には、約2,000人が公園を訪れ、迷路のアトラクションが閉鎖された後も運営を続けました。


関連する報道:

ジェットコースターが試乗中に遊園地で労働者を殺害した


READ  人民元建ての中国のソブリン証券を回避するための日本のGPIF