12月 4, 2022

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

草間彌生の黄色いかぼちゃが日本の直島に戻ってきました

(CNN) – 日本のアーティスト、草間彌生による「黄色いかぼちゃ」の彫刻が 10 月 4 日に再設置されました。 直島 島は昨年夏のハリケーンで海に流され、大きな被害を受けました。

アート アイランドのトレードマークである彫刻が復活したため、地元住民、学生、役人が集まりました。 その日に 瀬戸内海に浮かぶ島、直島への船。 1994年から存在しています。

「(かぼちゃは)直島のシンボルだったので、同じ場所に同じ作品が再び設置されたことは素晴らしいことです。直島の住民と喜びを分かち合うことができてうれしいです」とベネスホールディングスのステンランド香織広報担当者は語った。 島の彫刻やその他の工芸品を管理する機関は、CNN トラベルに語った。

高さ 2 メートル、幅 2.5 メートルのグラスファイバー強化プラスチック製の彫刻は、2021 年 8 月に海で洗い流され、3 つの部分に分かれました。

Stenlund によると、Kusama の制作チームは、損傷の程度を評価した後、オリジナルに忠実でありながら、真新しい黄色のカボチャの彫刻を作成することを選択しました。

2022 年 10 月 4 日公開。

礼儀山本糾

アーティストの制作チームは、今春初めに新しいカボチャの制作に着手し、将来の強い波や風に耐えられるように、彫刻の外殻をオリジナルよりも 10% 厚くしました。 さらに、別のハリケーンが発生した場合に簡単に安全に牽引できるように、トランクにフックが埋め込まれていました。

「直島と世界とのつながりの象徴としてカボチャを展示したいと考えています」と、1994 年の「アウト オブ バウンズ」展を支えたメッセージであるステンランド氏は、彫刻が島に最初に設置された場所であると付け加えました。

日本の直島では、現代の彫刻が風景に点在し、廃屋が芸術作品に変わりました。

直島は、瀬戸内海に面した四国の北に位置する人口3,200人の静かなエリアです。 近現代美術の 3 つの美術館があり、「芸術の島」として知られており、黄色いカボチャと青い海のコントラストが印象的で、長い間 Instagram の人気スポットとなっています。

島への主なアクセス方法は、岡山市から船で20分、大阪から新幹線で50分です。

かぼちゃのタイミングは最高です。 日本は 10 月 11 日に観光客に国境を開放し、セドゥチ アート フェスティバルは 2022 年 11 月まで開催されます。

山本糾氏による「黄かぼちゃ」歓迎セレモニーの写真

READ  ドルは3日連続で上昇した