5月 20, 2024

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

英国大臣:G7は2035年までに石炭火力発電所を閉鎖することに合意

英国大臣:G7は2035年までに石炭火力発電所を閉鎖することに合意

アンドレアス・レンツ/ゲッティイメージズ

3月25日、ドイツのベルクハイムにある石炭火力発電所ニーダースムの冷却塔から水蒸気が立ち上る。



CNN

英国の閣僚は月曜日、G7閣僚が遅くとも2035年までにすべての石炭火力発電所を閉鎖することで合意したと述べた。 気候変動政策の画期的な進歩 それは他の国にも同じことをするよう影響を与える可能性がある。

最も気候を汚染する化石燃料である石炭の期限設定は、国際的な気候変動に関する議論で非常に物議を醸してきた。 気候シンクタンクのエンバーによると、2023年に電力の32%を石炭から得ている日本は、過去のG7会議でこの問題の進展を妨げてきたとCNNが以前報じた。

「我々は2030年代前半に石炭を段階的に廃止することで合意している」と英国のエネルギー安全保障・ネットゼロ担当大臣アンドリュー・ボウイ氏はイタリアのチューリングでクラスCNBCに語った。 「ところで、これは歴史的な合意であり、昨年ドバイで開催された国連気候変動会議(COP28)では達成できなかったものです。」

「したがって、G7諸国がテーブルの周りに集まり、世界の先進国が2030年代初頭までに石炭を段階的に廃止することに取り組んでいるというシグナルを世界に発信することは、まったく信じられないことだ。」

この展開について確認を求められたところ、英国エネルギー省とネットゼロはCNNにインタビューを指示した。

米国務省はG7合意についてのコメントを控えた。 先週、米国環境保護庁は、 新ルール発表 そのためには、石炭火力発電所はほぼすべての気候汚染を除去するか、2039年までに閉鎖する必要がある。

「この約束は、実質的にほとんどの石炭火力発電所の段階的廃止スケジュールの加速につながる新しい規則案をEPAが発表してからわずか数日後に行われた」とキャサリン氏は述べ、「G7のこの約束は、石炭が軌道に乗っているという米国のさらなる確認となる」と語った。 「それよりも早く段階的に廃止されるべきだ。」 気候変動シンクタンクE3Gのシニア政策アドバイザー、ピーターセン氏はこう語る。

ピーターセン氏は、この取り組みは「G7諸国の中で石炭からの脱却を約束していない唯一の国である日本にとって、特に大きな前進だ」と述べた。

他の多くのG7諸国はすでに化石燃料を段階的に廃止する国家計画を持っている。 Ember のレポートによると、G7 の電力の約 16% は石炭から来ています。

EmberのGlobal Insightsプログラムディレクター、デイブ・ジョーンズ氏は、「これは石炭にとってまた一つの釘だ」と語った。 石炭火力発電の段階的廃止への道のりは長いものでした。英国、フランス、イタリア、カナダが石炭火力発電の段階的廃止に取り組んでから 7 年以上が経過しました。そのため、米国、特に日本がようやく明確になったのは良いことです。それについて。 「彼らの意図」

しかし同氏は、石炭火力発電が減少している一方で、ガス消費は続いていると警告した。 「石炭は化石燃料の中で最も汚いかもしれないが、最終的にはすべての化石燃料を段階的に廃止しなければならない」と同氏は述べた。

化石燃料は気候危機の主な原因です。 昨年、世界のほぼすべての国がドバイで開催されたCOP28気候変動協議で化石燃料からの移行に合意したが、石炭の期限を設定できなかったことが交渉の欠点とみなされていた。

エネルギー・環境・気候相らはトリノで会合しており、火曜日に終了する予定の協議が行われている。

カナダ、フランス、ドイツ、イタリア、日本、英国、米国で構成され、特別な地位を持つ加盟国として欧州連合を含むG7は、通常、世界の気候政策を主導します。 同グループの決定は、多くの場合、サウジアラビアやロシアなどの主要な化石燃料生産国だけでなく、中国やインドなどの他の大規模排出国を含む、より広範なG20に影響を及ぼしたり、影響を与えたりする。

このストーリーは追加情報を追加して更新されました。

CNN のエラ・ニールセンがこのレポートに貢献しました。

READ  ロシアは穀物協定から撤退した後、キエフや他の都市にミサイルの雨を降らせる