6月 13, 2024

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

英国のスナク氏、当選すれば18歳に国家奉仕義務を約束 | 政治ニュース

英国のスナク氏、当選すれば18歳に国家奉仕義務を約束 | 政治ニュース

与党・保守党は、7月4日の総選挙で勝利すれば国家サービスを再開すると発表した。

リシ・スナック首相は、7月4日に予定されている英国総選挙で保守党が政権に復帰した場合、18歳は国家奉仕の義務を負うと発表した。

スナク氏は土曜日、英国には「相応の機会を与えられていない何世代もの若者」がいるとし、この措置は「ますます不確実性が高まる世界」において社会を団結させるのに役立つだろうと述べた。

同党は、首相の計画には、若者に12か月間フルタイムで軍隊で働くか、1年間にわたって月に1回週末をとって地域社会でボランティア活動をするかの選択を与えることが含まれていると述べた。

この発表は、保守党が選挙の準備を進め、野党・労働党への攻撃を強めている中で行われた。


英国は 1947 年から 1960 年にかけて国家奉仕を実施し、17 歳から 21 歳までの男性が 18 か月間軍隊に勤務しました。 英国放送協会(BBC)は、英国陸軍の規模が2010年の10万人から2024年1月時点で約7万3000人に減少したと報じた。

保守党は、軍への配置は十代の若者たちが「兵站、サイバーセキュリティ、調達、民間対応活動を学び、参加する」のに役立つと述べた。

コミュニティサービスのオプションには、地元の消防士、警察、英国の国民保健サービスのほか、高齢者や孤立した人々の孤独に対処する慈善団体への支援が含まれます。 BBCは、このプログラムには年間約25億ポンド(32億ドル)の費用がかかると報じた。

国家奉仕プログラムを策定するため、軍や市民社会の専門家を含む王立委員会が設立される。

このプログラムの最初の試験的申請は2025年9月に開始される予定である。その後、保守党は次の国会会期終了までに措置を義務化する国家奉仕法を導入する予定である。


ガーディアン紙は、保守党がこの計画は徴兵に当たらないと主張したと報じた。

「この新たな義務的な国家奉仕は、我が国の若者に人生を変える機会を提供し、現実世界のスキルを学び、新しいことを行い、地域社会と我が国に貢献する機会を与えるでしょう」とスナク氏は述べた。

「不確実性がもたらす結果は明らかです。計画がなければ、労働党が勝利すれば、あなた、あなたの家族、そして私たちの国がすべて危険にさらされることになります。」

労働党はこの発表を「資金のない絶望的な公約」と表現し、デービッド・キャメロン外務大臣が首相時代に同様の制度である国家国民サービスを導入したと述べた。

労働党の報道官は、「これは計画ではない。数十億ドルの費用がかかる可能性のある見直しであり、保守党がナポレオン以来最小の規模まで軍隊を空洞化したためにのみ必要なのだ」と述べた。

英国は思想が破綻し、14年間にわたる混乱を終わらせる計画のない保守党にうんざりしている。 「ページをめくり、労働党とともに英国を再建する時が来た。」

スウェーデン、ノルウェー、デンマークを含むヨーロッパの多くの国は、すでに自国の軍隊に何らかの形で徴兵制度を設けています。

READ  静かな戦争がオフィスで激怒している