10月 7, 2022

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

英国のインフレ率は5.5%で30年ぶりの高値に達する

英国のインフレ率は5.5%で30年ぶりの高値に達する

買い物客は2021年12月21日にロンドンのオックスフォードストリートに沿って歩きます。

トゥルガアクメン| Agence France-Presse | ゲッティイメージズ

ロンドン-1月の英国のインフレ率は年率5.5%で、予想をわずかに上回り、30年ぶりの高水準を維持しました。

月次ベースで、消費者物価は0.1%縮小し、ロイターの世論調査でエコノミストが予想していたよりもわずかに低かった。 年間の測定値は5.4%のままであると予想されました。

12月の年間増加率は5.4% 消費者物価は1992年以来最高であり、 イングランド銀行は金利の連続的な引き上げを課します ハイパーインフレーションを封じ込めようとして、2004年以来初めて。

銀行は、12月のレポートで以前は6%の上限を予測していたが、インフレは4月に7.25%でピークに達すると予想している。

国家統計局によると、地主の住宅費を含む消費者物価指数(CPIH)は、2022年1月までの12か月間で4.9%上昇し、12月の4.8%から上昇した。

最大の貢献者は、とりわけ中古車のようなエネルギー、燃料、食料でした。

QuilterInvestorsのポートフォリオマネージャーであるHineshPatel氏は、次回のBoE政策会議は、MPCが25ベーシスの引き上げを選択するかどうかだけが問題であり、今や別の利上げの「ゴム印」になる可能性が高いと述べた。 ポイントまたは50ベーシスポイント。

「サプライチェーンの一部のボトルネックが後退し、一部の商品の価格が下落している兆候がある一方で、上昇インフレのリスクは依然として明らかだ」とパテル氏は述べた。

彼は、エネルギーコストが上昇し続ける一方で、ロシアとウクライナの間の緊張がガス価格を高く維持しているが、穏やかな冬と春、そして東ヨーロッパでの潜在的なエスカレーションの低下が価格をいくらか冷やす可能性があると述べた。

「現在、英国のEU離脱、長期的なCovid、早期の労働力撤退の組み合わせにより、非常にタイトな労働市場がありますが、現時点ではいずれも金融政策を通じて対処されることはありません」とPatel氏は付け加えました。

英国の家族は、エネルギー価格が高騰するにつれて、生活費の危機を感じています。 供給側の問題が引き続きコストに上向きの圧力をかけているため、この急増により、国のエネルギー規制当局は4月の時点でエネルギー価格の上限を54%引き上げることになりました。

コリンダイアー、の顧客マネージャー アバディーン 財務計画。

イングランド銀行 今後数か月の間に複数回金利を引き上げることも、これらのより高い金利を擁護するために正当化される可能性があります。これは、家計にとってより多くの課題が待ち受けている可能性があることを意味します。」

READ  記念日の旅行者は日曜日に1400以上に遭遇します