7月 24, 2024

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

能登任務は自衛隊で最も長く続いている地震対応プログラムとなる

能登任務は自衛隊で最も長く続いている地震対応プログラムとなる

1月1日の能登半島地震に対する自衛隊の任務は、自衛隊の地震対応計画としては最長期間となり、日曜日に175日目を迎えた。

この作業は現在、福島県の危機を引き起こした東北地方の地震と津波に伴う2011年の福島原発事故に関連する除染作業よりも長い。

この記録的な長さのミッションは、上下水道システムの復旧という時間のかかる作業を浮き彫りにしている。 防衛省としては、今後も地元の要望を踏まえた支援を行っていく考えです。

能登地震の被災地に派遣された自衛隊員は延べ113万人に達し、行方不明者の捜索や物資の輸送、給水支援などを行った。

石川県珠洲市では、インフラ改修などで派遣兵力が減少しているものの、陸上自衛隊員約100人が入浴支援を続けている。

自衛隊統合幕僚長の吉田義秀陸将は木曜日の記者会見で、能登地震後の規模は2011年3月の地震よりも小さかったが、自衛隊しか支援できない地域もあったと述べた。

今後も被災者のニーズに応えられるよう、きめ細やかな支援を行っていくと述べた。

READ  日本の4兆ドルのオフショアファンドは日銀の最初の利上げを無視する