1月 29, 2023

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

緑色の彗星が石器時代以来初めて地球を通過しました

  • NASA によると、C/2022 E3 (ZTF) と呼ばれる緑色の彗星が地球に近づいています。
  • 彗星が最後に太陽系を通過したのは 50,000 年前です。 カンザン.
  • 彗星は 2 月 2 日に地球から約 2600 万マイル離れます。

緑色の彗星は、2 月に石器時代以来初めて地球の近くを通過し、さらに 50,000 年間戻ってこないでしょう。 NASAジェット推進研究所。

C/2022 E3 (ZTF) と呼ばれるこの彗星は、2 月 2 日に地球から約 2,600 万マイル以内に接近します。 カンザン. 2月2日は、人類がアフリカを離れてアジアとヨーロッパに定住したと考えられている後期旧石器時代以来、彗星が地球に最も接近する彗星になるでしょう。

NASA のプレスリリースによると、天文学者は 3 月にこの彗星を初めて発見しました。

「新しい長周期彗星が劇的に明るくなり、夜明け前の空で北の星座かんむり座を一掃しています。」 NASA 彼は12月24日のプレスリリースで言った. 「望遠鏡なしで見るにはまだ暗すぎる」

NASAによると、明るさは 彗星 「非常に予測不可能」ですが、2月2日までに、C/2022 E3 (ZTF) は「暗い夜空で目でしか見ることができませんでした」。 NASA によると、この彗星には「緑がかったコマ、短く幅の広い塵の尾、そして長くかすかなイオンの尾」があります。

私に アメリカ合衆国の今日、この彗星は、北半球の人々が夜明け前の空で双眼鏡や望遠鏡を使って、1月中ずっと暗く晴れた空で見ることができます。

専門家は、この彗星は、太陽系で最も遠い領域であるオールトの雲から来た可能性が高いと述べている.

READ  ロケットラボによるCAPSTONEの打ち上げにより、NASAの月への帰還が始まります