9月 26, 2022

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

終戦から77年後、沖縄は米国の基地を縮小したい

沖縄県の玉城デニー知事は木曜日、地域の緊張が懸念される中、南の島々での米軍のプレゼンスをさらに減らすよう求め、第二次世界大戦終戦の77周年を迎えた。

南島グループは、第二次世界大戦の血なまぐさい戦争の1つである沖縄戦争に関与し、約20万人が死亡し、そのほぼ半数が沖縄人でした。

これは日本で唯一の地上戦争であり、日本戦時軍が沖縄県民を犠牲にして米国本土への着陸を遅らせようとした試みとして記憶されています。

[1945年6月23日の終戦記念式典では、岸田文雄首相らを含む沖縄の約300人の補佐官が正午に一瞬沈黙し、戦死者に菊の花を贈った。コロナの恐怖のため、助手の数は減りました。

沖縄本島のイドマンで木曜日に行われた式典で、玉城は戦争をロシアのウクライナ占領と比較し、都市、建物、文化の破壊を恐れて生きているウクライナ人は次のように述べた。 77年前に民間人を巻き込んだ沖縄の地上戦。」

「私たちは言いようのないショックに見舞われました」と彼は言いました。

玉城氏は、「沖縄が戦場に残らないように、核兵器廃絶と戦争放棄に向けて努力を続ける」と誓った。

5月は、米国による国の大部分の占領が終わってから20年後の、1972年に沖縄が日本に帰国してから50周年を迎えます。

今日、二国間安全保障協定に基づく在日米軍5万人の大多数と軍事施設の70%はまだ沖縄にあり、それは日本の土地のわずか0.6%を占めるに過ぎない。

沖縄は米軍基地のせいで、騒音、汚染、事故、米軍関連の犯罪などの負荷に直面していると玉城氏は語った。

岸田氏は、27年間の米占領下の後方島の経済発展を支援する一方で、米軍基地からの沖縄の負担を軽減するための追加の政府努力の必要性を認めた。

東京がワシントンと交渉して日本と南島グループの安全保障上の負担のバランスをとることができないこと、そして米国の存在と東京の怠慢は、沖縄の恨みと欲求不満に深く根ざしている。

沖縄の懸念に加えて、台湾などの地政学的なホットスポットに近い沖縄の離島で、日本のミサイル防衛と滝の能力が高まっています。

岸田文雄は、中国、北朝鮮、ロシアからの脅威を引用し、今後数年間で日本の軍事力と予算を増強することを誓い、敵の攻撃能力が日本の平和維持憲法に干渉する可能性があると批判している。

岸田は木曜日に、「平和を愛する国」としての日本の戦後の努力を維持するという彼女のコミットメントを更新した。

READ  日本のPS5アンチスカルパーテクノロジーはどれほどシンプルか