7月 19, 2024

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

米国水泳オリンピック代表選考会、1日目: グレッチェン・ウォルシュ、出席記録

米国水泳オリンピック代表選考会、1日目: グレッチェン・ウォルシュ、出席記録

彼は遊ぶ

ルーカスオイルスタジアムで開催された米国水泳オリンピック代表選考会の初日のハイライトは次のとおりです。

最高のストーリー

大学シーズン中にセンセーションを巻き起こしたバージニア大学のグレッチェン・ウォルシュは、50メートルプールへの転向に成功したことを示した。 彼女はオリンピック代表選考会で初めての世界記録を樹立し、100メートルバタフライの準決勝で55秒18を記録した。 21歳のウォルシュは、パリオリンピックに出場するには日曜日の夜に再びあのペースで走らなければならない。 トリ・ホスク(55.79秒)とリーガン・スミス(55.92秒)も56秒を切っていた。 これまでの世界記録は、2016年にスウェーデンのサラ・ショーストロムが記録した55.48点だった。ハスキーは55.64点のアメリカ記録を保持していた。

魔法の瞬間

オリンピックチームに選ばれた最初の水泳選手はフージャーだった。 カーメルのアーロン・シャックル(19歳)が3分45秒46のタイムで400メートル自由形で優勝した。 その後、彼は両手で水を叩き、再び力強い右手で水を打ち、腕を上げて勝利を収めてプールから出た。 念のため、彼はゴーグルを上げた。

オリンピックトライアル: カーメルのアーロン・シャッケルが400mフリースタイルで優勝し、パリ行きのチケットを予約

誇大広告に値する

ルーカス オイル スタジアムの初日の観客数: 20,689 人。 米国水泳連盟によると、これは屋内水泳競技の記録で、2016年リオ五輪で記録された数字を上回る。

今日の統計

ケイティ・レデッキーは400メートル自由形で優勝し、オリンピックの自由形の距離を泳いだ最高齢のアメリカ人女性となる。 27歳のレデッキーは4度目のオリンピックチームに参加した。 それまでの最年長はジャネット・エバンスで、前回のオリンピックでは1996年に24歳だった。

今日の名言

「そこを歩いていて、たくさんのファンを見て、本当にびっくりしました。予選では体を温めるためにブロックの上に立って、静かになりましたが、それから再び音が大きくなり、震え始めました。私はあなたの痕跡を残すために行きました」そして言った、「リラックスして、ケイティ、リラックスして、間違ったスタートをしないでください、いいえ、あなたは間違ったスタートを切っています。」 – ケイティ・レデッキー

次は何ですか?

日曜日の夜の決勝に出場するのは、100メートルバタフライでカーメル大学のケリー・バッシュ、100メートル平泳ぎでインディアナ大学のジョシュ・マセニーだ。 アレックス・シャックルとバチェは200メートルフリースタイルで準決勝に進出する可能性がある。 フージャーの象徴であるリリー・キングは、100メートル平泳ぎの予選ラウンドと準決勝でスケジュールを開始した。 男子200メートル自由形の準決勝には、ドリュー・キブラー、ジェイク・ミッチェル、アーロン・シャックルの3人のカーメル選手が出場する可能性がある。 今年の全国高校水泳選手で2度優勝しているザイオンズビルのウィル・モドグリンが、100背泳ぎの準決勝に進出した。

READ  専門家によるワールド ベースボール クラシック 2023 の予測