7月 21, 2024

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

米国の週間失業保険申請件数が1年半ぶりの高水準に急上昇、エコノミストらは警戒を呼び掛ける

米国の週間失業保険申請件数が1年半ぶりの高水準に急上昇、エコノミストらは警戒を呼び掛ける

  • 週間の失業保険申請件数は2万8,000件から26万1,000件に増加
  • 継続請求は3万7,000件減の175万7,000件

[ワシントン 2日 ロイター] – 先週、新たに失業手当を申請した米国人の数は1年半ぶりの高水準に増加したが、データが戦没将兵追悼記念日の祝日をカバーしていたため、解雇は加速していない可能性がある。 そうなると、ある程度のボラティリティが高まる可能性がある。

木曜日に労働省が報告したほぼ2年ぶりの保険請求件数の増加は、オハイオ州、ミネソタ州、カリフォルニア州での増加によるものだった。 マサチューセッツ州での詐欺事件の発生により、申請額が修正されるまで一時的に5月の1-1/2の最高値まで上昇したことを受け、エコノミストらは最近の上昇相場を深読みしないよう警告した。

ニューヨークのブリアン・キャピタルの首席経済顧問コンラッド・D・クアドロス氏は語った。

「州ごとの申請件数の増加幅が狭いことは、特に最近のマサチューセッツ州での不正行為を考慮すると、レイオフを最終決定する前に追加の確認を待つべきであることを示唆するもう一つの要因である。」

6月3日までの週の州失業手当の初回申請件数は2万8000件増の26万1000件と、2021年10月以来の高水準となった。ロイター調査のエコノミスト予想は最終週の申請件数が23万5000件だった。

未調整の請求件数は先週10,535件から219,391件に増加しただけで、オハイオ州の請求件数は6,345件、カリフォルニア州の申請件数は5,173件増加した。 ミネソタ州では保険金請求件数が2,746件増加した。 オハイオ州ではここ数週間で注文が急増しており、同州は製造、自動車、運輸、倉庫業の一時解雇が原因だとしている。 自動車メーカーは通常、夏に工場を閉鎖して設備を一新します。

シティグループ(ニューヨーク)のエコノミスト、ジセラ・ホクサ氏は「一部の自動車工場は夏季に一時的に休業するが、日付は毎年若干変更されるため、季節要因を適切に把握するのが難しい」と述べた。

「これは、今後数カ月間に当初の請求額にさらなる変動が生じる可能性があることを意味します。」

週間の変動を平準化するため、労働市場の傾向を測るより適切な指標と考えられている申請件数の4週間移動平均は、7,500件増加して237,250件となった。

エコノミストらは保険金請求データが金融政策に影響を与えることはないとみている。 FRBは1980年代以来最速の利上げに踏み切った2022年3月以来初めて、来週水曜日に金利を据え置くと予想されている。 米国中央銀行はそれ以来、金利を500ベーシスポイント引き上げた。

ウォール街の株価は上昇していた。 ドルは通貨バスケットに対して下落した。 米国国債価格は上昇した。

2020年6月18日、米国ケンタッキー州フランクフォートで、失業保険申請の助けを求めてケンタッキー雇用センターの開設2時間以上前に数百人が外に並ぶ。ロイター/ブライアン・ウールストン
失業保険申請

徐々に減速

ニューヨークのオックスフォード・エコノミクスの米国経済学者マシュー・マーティン氏はこう語る。

政府は先週、経済成長により5月に33万9000人の雇用が増加したと報告した。 失業率は4月の3.4%から7カ月ぶりの高水準となる3.7%に上昇したが、歴史的基準からすれば依然として低い。

雇用の伸びはレジャーや接客業などのサービス部門が牽引しているが、過去2年間企業が人材確保に苦戦していたにもかかわらず、依然として追い上げが続いている。 医療や教育などの業界でも、新型コロナウイルス感染症のパンデミックの影響で退職が加速している。

しかし、一部のエコノミストにとって、申請件数の急増は、昨年から今年初めにニュースになったテクノロジーセクターや、住宅、金融、製造といった金利に敏感な業界から人員削減が他の経済セクターにも広がっていることを示していると指摘する。

PNCフィナンシャル(ペンシルベニア州ピッツバーグ)の首席経済顧問スチュアート・ホフマン氏は、「見出しを飾るような人員削減の発表は、通常、実施されるまでに時間がかかる」と述べた。 「この遅れは、最近の初期申請件数の急増を説明している。この影響は、業界全体に広がる人員削減の拡大とともに、今後数カ月間にさらなる激化を招く可能性もある。」

雇用市場は徐々に冷え込んでいる。

供給管理協会(ISM)は月曜日、5月のサービス業PMIが主に雇用の低迷により低下したと報告した。 ISMによると、サービス会社からのフィードバックは「同じ従業員でより多くのことをやろうとしている」から「経済の行方がよりよく理解できるまで採用を凍結する」まで多岐にわたる。

一般に、雇用主はパンデミックで仕事を見つけることが困難になった労働者を手放すことに消極的であるようだ。

保険金請求報告書​​によると、雇用斡旋会社ヘルプから最初の1週間で給付金を受け取った人の数は、5月27日までの週に3万7000人減の175万7000人となり、2月以来の低水準となった。

いわゆる継続請求の低水準は、解雇された労働者の一部が依然として簡単に仕事を見つけていることを示しており、4月には失業者1人当たり1.8件の雇用が創出された。

(ルチア・モテカーニによるレポート) 編集:野見山千津、アンドレア・リッチ

当社の基準: トムソン・ロイターの信頼原則。

READ  デルタ航空の乗客が別の航空券の写真を使用して飛行機に搭乗した