5月 18, 2024

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

米国の給与嵐の可能性を前に株価は静かに上昇

米国の給与嵐の可能性を前に株価は静かに上昇

  • 10年国債利回りは4.72%で安定
  • ドルは毎週、記録的な連続上昇を記録する軌道に乗っている
  • グリニッジ標準時1230時の米国の給与計算に注目が集まっている

シンガポール(ロイター) – 債券売りの一服は金曜日まで続いたが、投資家は金利をしばらく高水準に維持する根拠となる米国の雇用統計を待っているため、終日続くわけではないかもしれない。

原油価格が高値から安値に転じたこともいくらか安心感を与え、ブレント原油先物は先週付けた11カ月ぶりの高値を約13ドル(13.5%)下回る1バレル=84.50ドルに達した。

MSCIの日本以外のアジア太平洋株の最も幅広い指数(.MIAPJ0000PUS)は0.9%上昇した。 東京証券取引所の日経平均株価は横ばいで(.N225)、為替市場も同様に安定したが、債券の下落によりドルは12週連続で記録的な上昇を記録した。

10年米国債利回りはアジア取引中4.72%で安定していたが、5週間にわたる下落で55ベーシスポイント上昇し、世界中の債券市場とリスク選好に影響を与えた。

ラボバンクのアナリストらは、金融環境の逼迫が需要を圧迫し、金利がピークに達し、止まらない可能性が高まるため、「最近の急落には反転の種を蒔くという逆説的な力がある」と述べた。

しかし、米国の非農業部門雇用統計が日本時間午後12時30分に発表されるまでは、誰も大きな賭けをしていなかった。

ロイターがまとめたエコノミスト調査では、先月の米国の雇用者数 USNFAR=ECI は17万人増加すると予想されているが、予想は25万6000人から幅がある。

BNZ銀行(ウェリントン)のストラテジスト、ジェイソン・ウォン氏は「人々がどこに座っているかを言うのは難しいが、市場が強い数字を見たくないのは間違いない」と述べた。

コンマ

再度の債券売りにより、ドルは対ユーロで過去最長の週次上昇を続ける可能性が高い。 ドル指数は12週連続で上昇し、2014年7月から10月まで続いた連続上昇に匹敵した。

上昇ではユーロは11カ月ぶり安値付近の1.0542ドルにとどまり、ポンドも7カ月ぶり安値からそれほど遠くない。 ドル指数は金曜日に106.4で安定した。

キャピタル・ドット・コムのアナリスト、カイル・ロッダ氏は「107を突破すれば、トレンド継続の技術的証拠が得られるだろう」と述べた。

驚くべきことに、火曜日のロンドンで日本の通貨が午後に急騰して以来、苦境に立たされた円だけが大きな苦戦を見せており、当局が介入したのではないかとの憶測が高まっている。

日本の株式市場データには、介入に伴う可能性のある種類の異常は見られなかった。 しかし、この動きはトレーダーらを警戒させるのに十分な人目を引くものだった。

円は直近の取引で1ドル=148.5円で落ち着いた。 金も世界的な債券利回りの上昇による9日間の下落の後、1オンス当たり1,822ドルで落ち着いた。

ソシエテ・ジェネラルのストラテジスト、キット・ジュークス氏は「来週の労働市場統計、米国債供給統計、消費者物価指数を待つ間の一時的な小休止に過ぎないかもしれない」と述べた。

「労働市場の統計が好調であれば、圧力は昨年よりも早く戻るだろう。システムに何かが起こるまでは、米国債市場はより高い利回りを採用すると私は依然として考えている。」

トム・ウェストブルックがレポートする。 シュリ・ナヴァラトナム編集

当社の基準: トムソン・ロイターの信頼原則。

ライセンス権の取得、新しいタブが開きます
READ  アマゾンはあなたの家をマッピングしたいので、iRobot を購入しました