5月 19, 2024

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

米国では中国製電気自動車が数台販売されているが、業界は洪水を懸念している

米国では中国製電気自動車が数台販売されているが、業界は洪水を懸念している

中国の電気自動車に対するバイデン政権の新たな関税は、米国で販売されている電気自動車はほとんどないため、米国の消費者や自動車市場にすぐには大きな影響を及ぼさないだろう。

しかしこの決定は、中国が安価な電気自動車を生産する能力に懸念を強めている米国自動車業界内の深い懸念を反映している。 米国の自動車メーカーは火曜日、中国の電気自動車に100%の関税を課すというバイデン政権の決定を歓迎し、これらの自動車は米国の電気自動車とバッテリー工場への数十億ドルの投資を損なうと述べた。

ミシガン州民主党のゲーリー・ピーターズ上院議員は声明で、「今日の発表は、我が国の自動車産業の将来を危険にさらしている中国政府の不公平な貿易慣行と闘うために必要な対応だ」と述べた。 「これは競争条件を平等にし、自動車産業の競争力を維持し、国内での高賃金の労働組合の仕事を支援するのに役立ちます。」

バイデン大統領は火曜日、鉄鋼とアルミニウムに対する25%の関税、半導体と太陽光パネルに対する50%の関税を含む、一部の中国製製品に対する一連の追加関税と追加関税を発表した。 中国製電気自動車の関税は25%から4倍に引き上げられた。 中国の電気自動車用リチウムイオン電池には、7.5%から25%の関税が課されることになる。

米国は電気製品やガソリンなど少数の製品のみを中国から輸入している。 その1つは、中国の浙江吉利が経営権を握るスウェーデンの自動車メーカーが中国で製造した電気自動車「ポールスター2」だ。 ポールスターは声明で、バイデン氏の発表の影響を評価していると述べた。

同社は「電気自動車の普及拡大を通じて、より持続可能なモビリティへの移行を加速するには、自由貿易が不可欠であると信じている」と述べた。

今年の第1四半期、ポールスターは米国でわずか2,200台を販売した。 しかし、今年後半には吉利傘下のボルボ・カーズが運営するサウスカロライナ州の工場で新型モデル「ポールスター3」の生産を開始する予定だ。

ボルボは中国製ハイブリッドセダン「S90リチャージ」を米国で販売しており、今年、新型小型スポーツカー「EX30」を中国から米国に輸入開始する計画だ。 この車の価格は 35,000 ドルからと予想されており、国内で入手可能なバッテリー駆動モデルの中で最も手頃な価格の 1 つとなります。 あっという間にモデルになりました ボルボのヨーロッパで最も売れている車

ボルボは火曜日、バイデン氏の新たな関税が自社計画に与える潜在的な影響を評価していると述べた。

中国で製造され米国で販売されている内燃機関モデルには、ゼネラルモーターズのビュイック・エンビジ​​ョンSUVやフォードモーターのリンカーン・ノーチラスなどがある。 これらは関税の影響を受けません。

テスラ、GM、フォード、フォルクスワーゲン、ヒュンダイなどの企業、その他多くの自動車メーカーは、米国のバッテリーおよび電気自動車工場に数百億ドルを投資してきました。 しかし、テスラを除いて、米国、欧州、日本の自動車メーカーは、量、原材料の生産、主要技術の点で中国企業に後れを取っている。

電気自動車用バッテリーの世界最大の生産者である中国のメーカー、現代アンペレックス・テクノロジー・カンパニー・リミテッド(CATL)は先月、自動車が約370マイル走行できる程度の量を10分で充電できるバッテリーを開発したと発表した。 これは、テスラを含む西側およびアジアの自動車メーカーが使用するバッテリーと比較すると大きな進歩です。

自動車産業の将来の鍵と見られている電気自動車における中国のリーダーシップにより、ゼネラル・モーターズ、フォード、その他の伝統的な自動車メーカーが太刀打ちできない価格で中国車が米国市場に参入するのではないかとの懸念が生じている。

急速に成長している中国の大手自動車・バッテリー企業であるBYDは、シーガルと呼ばれる小型電気自動車を中国で1万5000ドル未満で販売している。 同社は火曜日、メキシコでハイブリッドピックアップトラックの販売を開始すると発表したが、米国での販売計画はまだないと付け加えた。

BYD、吉利、上海汽車などの中国自動車メーカーは、欧州、中南米、アジア諸国への自動車輸出の拡大に取り組んでいる。 欧州連合の執行機関である欧州委員会は、中国政府による電気自動車メーカーへの支援を調査している。

一部の米国の自動車業界代表者は、中国政府の自国自動車メーカーへの支援により、中国の工場には国内で販売できるよりもはるかに多くの自動車を生産する能力が残っていると述べた。

「彼らは電気自動車の過剰生産能力という大きな問題を抱えている」と米国の自動車メーカーの主要なロビー団体である自動車イノベーション同盟のジョン・ボゼラ会長は語る。

「彼らは国内市場向けにあまりにも多くのEV、つまり多額の補助金を受けたEVを製造しすぎており、それらの車両を手頃な価格で降ろすには海外に目を向けるしかない」とボゼラ氏は付け加えた。 「多額の補助金を受けている中国製電気自動車が市場価格を下回る価格で米国の消費者に販売できれば、米国の自動車産業の競争力は損なわれることになるだろう。」

中国当局は、同国がバイデン政権の標的となっている電気自動車や太陽光パネル、その他の製品を過剰生産していると否定した。 ワシントンの中国大使館の劉秉宇報道官は火曜日、「米国が中国の発展を前向きに捉え、過剰生産能力を保護貿易主義の口実に利用するのをやめることを望む」と述べた。

自動車メーカーは、価格競争が自社の電気自動車計画にどのような混乱をもたらすかをすでに経験している。 過去 1 年間、テスラは自社モデルの価格を数回値下げし、一部のモデルのコストは全体で 20% 以上削減されました。 こうした削減と電気自動車販売の伸び鈍化により、GMとフォードがバッテリー駆動モデルで利益を上げることが極めて困難になっている。

フォードの電気自動車部門は今年最初の3カ月で、経費を考慮する前で13億ドルの損失を出した。 フォードとゼネラルモーターズは両社とも電気自動車の生産を減速させ、新モデルの導入を遅らせている。 GMは電気自動車で損失を出しているが、今年後半にはこれらの自動車が黒字化し始めると予想していると同社は述べた。

バイデン政権は気候変動に対処し、国内製造の拡大を促進するために、米国でのバッテリーと電気自動車の生産を支援し奨励しようとしている。

障害となっているのは中国だけではない。 米国人の電気自動車に対する熱意はここ1年で薄れてきたが、その主な理由は電気自動車が比較的高価格で販売されているためである。 購入者の中には、これらの車を簡単かつ迅速に充電できる十分な場所があるかどうかわからないため、購入を躊躇している人もいます。

ケリー・ブルーブックによると、今年の第1四半期には米国市場で26万9000台の電気自動車が販売された。 これは前年比わずか 2.6% の増加に相当します。 乗用車と小型トラックの総販売台数は5%以上増加し、380万台に達した。

エドマンズのインサイト担当エグゼクティブディレクターで市場調査員のジェシカ・コールドウェル氏は、「電気自動車の購入には、さまざまな意味でライフスタイルの変化が必要だ」と述べた。 「多くの人は『電気自動車の煩わしさは望んでいない』と言います。」

アラン・ラパポート レポートに貢献しました。

READ  ムスクが遠隔地の従業員を解雇すると脅した後、テスラには十分な事務所がないと言われています