9月 26, 2022

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

米国が「日本を支援」して主要な2nmチップを開発

日本は2025年までに主要な2nmチップ生産国の仲間入りをすることが期待されており、そのような野心を実現するために米国と協力しています。

日経 水曜日に報告 日米間の「二国間チップ技術パートナーシップ」の一環として、両国の企業は、スマートフォンからサーバーに至るまでのデバイス向けのそのようなコンポーネントの設計と製造を共同で研究します。

この報告書は、日米の指導者たちが次世代の半導体に取り組むと述べてから1か月も経たないうちに発表されました。 より広範な合意の一環として それは「輸出管理の使用を含む重要な技術の保護と促進」を要求している。

日経はどの企業が関与するかについては述べていないが、同紙は、施設が今年の夏に開設され、2025年から2027年の間に研究生産センターを開設する可能性があると述べた。 このファブは、日本人と日本人の合弁会社を設立することで設立できます。 ナイキによると、アメリカの企業や地元企業の新しい製造ハブです。

ただし、これが発生した場合でも、本事業は日本の経済貿易産業省による研究開発費と設備投資を相殺するための助成金を受け取ると報告書は述べています。

このプロジェクトは、世界が不足に対処し続けるにつれて、ハイテク産業を持つ国々がチップやその他のコンポーネントのサプライチェーンをより強力に管理できるようになるという事実を反映しています。 最先端のチップに直接アクセスできることも、競争上の優位性として役立ちます。

日本が利用したいチップは、数世代先の5nm以上の2nm製造プロセスを使用します。これは、現在、Mac用のAppleのM1チップやスマートフォン用のSamsungのExynosプロセッサなどの製品で使用されている最先端の端末です。 チップのトランジスタを圧縮することにより、生産上の課題が克服されると、より速く、より効率的なチップを作成できます。

韓国のSamsung、台湾のDSMC、およびUS Intelは日本原産ではありませんが、半導体のヒーロー 紹介する 2nmまたは同等のノード 2024-2025年表 -信越化学工業やサムコなどのチップ製品の供給国。

TSMCはすでに日本でファブを作っていますが、日経は10nmから20nmの範囲の古いノードでのみチップを生産すると述べました。

新しい米国の技術パートナーシップを通じて、日本はインテルとIBMにアクセスできるようになります。 これも進化しています 独自の2nmテクノロジー、およびチップ製品サプライヤーのアプライドマテリアルズ。 米国には、Fab機器メーカーのLamResearchもあります。

日本の産業技術総合研究所は、Intel、DSMC、IBMの参加を得て、2nmを含む先端チップ技術の共同研究の最前線に立っています。 日本のファブ機器メーカーである東京エレクトロンとキヤノンも参加しています。

日米の新しいパートナーシップは、一部の国や地域が強力な半導体基盤を構築するために他の国との協力にどのように目を向けているかを示すもう1つの例です。 結局のところ、 私たちにヨーロッパ チップ製造の天国である台湾との緊密な関係を築こうとする ロシア 外国のプロセッサメーカーであるIntelとAMTへのアクセスを失った後、中国からの生のチップをますます期待しています。 ⁇

READ  日本のコンビニエンスストアが東京オリンピックの記者にアイスクリームゴールドを獲得