7月 20, 2024

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

米国、シリアの民兵施設を標的に空爆を開始

米国、シリアの民兵施設を標的に空爆を開始

彼は遊ぶ

ワシントン-国防総省は、過去数週間で同地域の米軍駐留基地への攻撃件数が増加していることを受け、米国がイラン支援の民兵組織が使用するシリア東部の武器庫を空爆したと発表した。 。

米当局者らは、水曜の攻撃で、米軍のF-15戦闘機2機が、イラン革命防衛隊が使用していたことが知られるデリゾールのメイズローン近くの武器保管施設に数発の爆弾を投下したと発表した。

ロイド・オースティン国防長官は声明で「大統領は米国人員の安全よりも優先事項はなく、米国が自国、人員、利益を守ることを明確にするよう本日の行動を指示した」と述べた。

軍関係者は電話で記者団に対し、米軍が数時間現場を監視している間、日中は倉庫に人影が見られたが、襲撃が起きた一夜にしてその数は「数人」程度に減った、と語った。 同当局者は、この攻撃により二次爆発が発生し、武器が存在したことを示していると述べたが、米国は民間人は死亡しておらず、倉庫にいた人物は革命防衛隊や民兵組織と関係があると考えていると述べた。

電話会議に参加した国防高官はまた、今回の攻撃は特に革命防衛隊関連施設を標的とすることで「地域の米軍攻撃に直接責任のあるグループの能力を無力化し、低下させる」ことを目的としたものだと述べた。 2人の当局者は匿名を条件に、攻撃の評価を明らかにした。

国防当局者は、精密攻撃は意図的であり、地域の紛争を激化させないよう計画されたものであると述べた。 軍当局者は、シリア駐留の米軍関係者とロシア軍を分離し、攻撃を知らせるために電話回線が使用されたと述べた。

米国が武装集団が使用する施設を爆撃するのはこの2週間以内で2回目で、その多くはイラクのイスラム抵抗運動の傘下で活動しており、米当局者らによると、このような攻撃はその後少なくとも40回行われているという。 10月17日。 。

関連している アメリカ軍への攻撃を受け、アメリカはシリアのイラン支援施設を攻撃

READ  ウクライナ・ロシア戦争の最新ニュース:ライブアップデート