2月 29, 2024

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

米ドル/円は日本のインフレ統計、10月の米国PCEデータによっても動じない

米ドル/円は日本のインフレ統計、10月の米国PCEデータによっても動じない


共有:

  • USD/JPYは149.00付近で取引されており、0.30%の損失となっている。
  • 金曜日の日本のインフレ統計は驚くべきものではなかった。 上田和夫氏は、潜在的な政策変更に関する不確実性を指摘する。
  • 米ドルは10月の主要なPCEデータを警戒しており、これが通貨ペアの動向に影響を与えることになる。

月曜日の取引セッションでは、USD/JPY ペアは現在弱気で、148.90 マークに固定されています。 セッション中に関連イベントは発表されず、投資家は木曜日に米国で発表される10月の個人消費支出(PCE)統計を待っている。 一方、市場は金曜日に発表された日本のインフレ統計を消化している。

10月の全国消費者物価指数(CPI)によると、インフレ率は前年比3.3%と、9月の3.0%から上昇した。 ただし、食品とエネルギーを除いた全国CPI数値は前年比4.0%と、前回測定時の4.2%から若干低下した。 一方、生鮮食品を除く全国CPIは2.9%と、前回の2.8%から若干上昇した。

日本銀行(日銀)総裁の上田和夫氏は、日本が2.0%のインフレ目標を達成できるかどうかについて、控えめな見通しを表明した。 同氏はまた、日銀の政策が短期的に変更されるという市場の期待についても注意を呼び掛けた。 したがって、市場が政策変更の可能性についてさらなる指針を得ることができなければ、円は強気になるだけだろう。 投資家は今週を通じて、日本の経済見通しについてさらなる洞察を得るために、日本の小売貿易データを注意深く観察することになるだろう。

米ドルに関しては、今週のハイライトは第3四半期の国内総生産(GDP)統計と、連邦準備理事会(FRB)の優先インフレ指標であるコア個人消費支出(PCE)価格指数だった。 PCEデータの結果が銀行の短期的な予想を形成し、それがペアの進路に影響を与えることは注目に値します。

注目すべき米ドル/円のレベル

日足チャートの指標は、やや複雑な状況を反映しています。 相対力指数(RSI)は現在マイナスの傾きがあり、マイナス領域にあり、赤いバーが上昇している移動平均収束ダイバージェンス(MACD)と一致し、売りの勢いを支配しています。

弱気派が下押し圧力をかけており、20日単純移動平均線(SMA)を下回っているにもかかわらず、USD/JPYは依然として重要な100日と200日のSMAをしっかりと上回っている。 このポジショニングは、強気派が全体的な傾向に対して依然として強気であることを示しており、より広範なテクニカルの観点から買いの勢いが強いことを示唆しています。

サポートレベル: 148.15、147.00、146.80 (100 日間 SMA)。
抵抗レベル: 150.00、150.20 (20 日間 SMA)、151.00。

USD/JPY日足チャート

READ  日本のトヨタがバッテリー電気自動車への取り組みを発表